おうちでエステ級!シワ・シミ・たるみを撃退する老け顔リセット美容

おうちでエステ級!シワ・シミ・たるみを撃退する老け顔リセット美容

続くマスク生活、ふと鏡をみると、「あれ、なんか老けた?たるんだ?」と感じたこと、ありませんか?これこそまさに、「マスク老け」。
放っておいてはどんどん加速してしまうので要注意!
お家で簡単にできるケアで、シミしわたるみ、撃退しちゃいましょう!

こんにちは!美容担当の馬場さおりです。

突然ですがッ!顔を下向き加減にした状態で、鏡に映る自分の姿を、横目でチラリと見てみてください。
口元のお肉がたるんでいたり、フェイスラインのもたつきが気になったり、ほうれい線が目立っていたりしませんか?

それ、間違いなく現代病の「マスク老け」です!

それこそシワ、たるみだけでなく、マスクと肌の摩擦によって、シミの被害も拡大するから要注意。

「とはいえ、エステに出掛けるのはちょっと……」
というあなたに、おうちで自分で0円で!
簡単にできる老け顔リセットケアを伝授します。

マスク生活の無表情×肌摩擦で、シワ・シミ・たるみが加速中!

マスクが肌荒れを引き起こすのは、もはや周知の事実。
しかし、長〜く続くマスク生活では、さらに深刻な問題が……! 
それこそ、シワ・シミ・たるみの3大老け顔トラブル。
マスクによる肌摩擦で色素沈着、いわゆるシミが多発中。
さらに頬やフェイスラインの肌摩擦が日々ダメージとなり、たるみやシワを引き起こす要因に。
まだまだこれだけではありません。
飛沫予防で、公共の場では話す機会が減り、おうち時間が増えたことで、コミュニケーションの回数も減り、表情筋を動かさなくなった昨今。
さらにたるみが助長され、この1年で人相が変わるほど老け顔が進行してしまったという人も……。

この加速、マスク生活をやめるわけにもいかないし、止めるに止められないのが悩みどころ。
とはいえ、対策法がないわけではありません。
老け顔に歯止めをかける美容成分によるスキンケアと、老け顔対策の顔面美容術で、この先マスク生活が続いても、歳をとらない若々しい印象を目指しましょう!

何でもいいわけじゃない!「老け顔」を撃退するのはこの美容成分

今使っているスキンケアラインに美容液として取り入れてもOK。
本格的にケアしたい人は、成分配合のシリーズ使いも◎!

①シミには『トラネキサム酸』『ビタミンC誘導体』

シミにはシミの、シワやたるみにはそれ向けに、取り入れたい撃退ケア美容成分。
まず、シミケアには「トラネキサム酸」が鉄板です。
シミの元となるメラニンを生成するメラノサイトの活性化を抑制することにより、シミ予防にお役立ち。
さらにメラノサイトの活性化を抑制する効果で、すでにできてしまったシミに対してもケア効果が期待できる、予防+改善の両方が叶う成分です。
ただし、肌の弱い人は多少刺激を感じるかもしれません。

そこでデリケート肌の人は、「トラネキサム酸」よりも「ビタミンC誘導体」がおすすめ。
ビタミンC誘導体には、メラニンを発生させるチロシナーゼという酵素の活性を抑える働きがあり、シミやそばかすの予防ケアができますよ。

②シワ・たるみには『レチノール』『バクチオール』

抗炎症や抗酸化、抗菌作用が期待でき、コラーゲンの生成を促す成分「レチノール」
ハリ感UPだけでなく、ツヤのある肌を目指す人にもおすすめで、シワ・たるみケアにはうってつけの美容成分です。
ただし、効果実感が高い反面、デリケートな肌の人には刺激が強かったり、紫外線によって変性することから日中は使えなかったりするデメリットも。

敏感肌の人でシワ・たるみ対策をするなら「バクチオール」がGOOD! 
肌への刺激が低く、日中も使用できるので、1日中シワ・たるみケアが叶いますよ。

たるみを撃退&即効リフトアップを叶えるエステ級顔面美容術

最近、マスクによるたるみをケアしようと、手でグリグリ顔をマッサージしている人がいますが、あれは絶対NG。
たるみ撃退どころか、肌摩擦によってむしろ老け顔を呼び込んでいるようなもの! 
たるみを撃退してリフトアップを叶えるなら、たるみや大顔原因の咬筋を緩めて、大小頬骨筋を鍛える顔面美容が正解です。

咬筋は歯をグッと食いしばった時などに使われる筋肉のこと。
この咬筋を使いすぎると、口角が下がってたるみを助長させてしまいます。
放っておくと、顔を歪ませる原因にも! 
咀嚼やストレスによる歯ぎしりなどで咬筋を酷使している人、意外と多いので毎日緩めてあげるケアが重要に。
そこで日々の咬筋お手入れに実践したいのが、「咬筋マッサージ」

【1】拳を丸め、エラを押さえ込むようにして咬筋にあてます。
【2】咬筋を拳でとらえ、円を描くようにマッサージします。毎日30秒以上が目安です。

咬筋を緩ませたら、お次は「大小頬骨筋トレーニング」
頬を上へ引き上げる「大頬骨筋」と「小頬骨筋」の2つセット、「大小頬骨筋」は笑顔をつくることで鍛えることができます。

【1】「あー」と声に出します。
【2】上の歯を見せるようにして、笑顔を30秒間キープ。

これを毎日4セット行います。

これを行うだけで、シワやたるみの改善ケアが叶うだけでなく、予防もバッチリ! 
美容成分で肌悩みを解放しながら、表情筋への顔面美容術でリフトアップさせ、老け顔悩み知らずの印象を目指しましょう!


美容家・予想医学ライター
馬場 さおり(BABA SAORI)

「美容は好き、よりも使命」をモットーに、専門の予想医学を基盤とした健康法やダイエット、スキンケア術、メイク方法まで幅広い健康と美容の分野で情報を発信。エステ専門業界誌の編集人を務め、美容家としてはメディア出演、セミナー講師などを中心に活動。

HP:https://ameblo.jp/babasaori/
Instagram:https://www.instagram.com/bkrw_beauty/ (アカウント:@bkrw_beauty)

Bicle(ビクル)では、

  • 医師
  • 管理栄養士
  • 薬学修士
  • スポーツ栄養学の修士
  • 機能性食品や健康美容商品の企画開発・研究者

などの専門性を有するメンバーによって商品の企画・開発、記事の執筆等を行っています。