BEAUTY MAGAZINE

女性の周期に合った”痩せタイミング”を知ろう

女性の周期に合った”痩せタイミング”を知ろう

女性には、生理周期によって“痩せやすい時期”と、“痩せにくい時期”があります。この周期を知らずにダイエットすると、思うようにダイエットできなかったり、体調を崩してしまったりすることがあるので、周期を知って上手にダイエットをしていきましょう。

生理周期からみる“痩せタイミング”はいつ?

女性のカラダの変化は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類のバランスによって起こります。

エストロゲンは女性らしいカラダづくりや、代謝アップ、髪や肌のツヤをよくするなどの働きがあり、生理後から排卵にかけて多く分泌されます。

プロゲステロンは、栄養や水分を体に蓄える働きがあり、生理前に多く分泌されるホルモンです。

このホルモンの働きに合わせてダイエットを考えるとき、女性のダイエット周期は大きく4つにわけることができます。

1.ダイエットNG期:生理中(1日目~4-7日目)
2.痩せやすい時期:卵胞期(5-8日目~14日目)
3.調整期:黄体期前半(15日目~21日目)
4.痩せにくい時期:黄体期後半(22日目~28日目)

1.ダイエットNG期:生理中(1日目~4-7日目)

生理中は、ダイエットはNGです。鉄分不足だけではなく、体温も下がり、免疫力も下がっているこの時期は、食事制限をしたり過度な運動をするのはお勧めできません。気分的にもナーバスなこの時期は、カラダをいたわってあげましょう。

鉄分を多く含む赤身のお肉やお魚、緑の濃いほうれん草などの野菜、ひじきや海苔、わかめなどの海藻類を多く食べてあげましょう。また、鉄分の材料になるたんぱく質は不足しないように摂っていきましょう。

カラダが冷えやすい時期なので、おさ湯やショウガなどでカラダを温めてあげることも大切です。

2.痩せやすい時期:卵胞期(5-8日目~14日目)

生理後の10日間は、痩せタイミングです!エストロゲンが多く分泌され、気持ちも安定し、むくみも減って、肌や髪もきれいに。気分も上がっているので運動を始めるモチベーションが上がるだけではなく、食欲もコントロールしやすく食事制限にも効果的な時期です。

運動は、代謝があがる時期なので、ランニングやウォーキング、スイミングなどの有酸素運動で、脂肪燃焼を意識してするのがおすすめです。また、この時期に筋トレをしておくと、筋肉がついて普段からの基礎代謝アップにもつながります。

食事は、代謝促進をする良質な脂(魚の脂やオリーブオイル、ココナツオイルなど)を積極的に摂るようにしましょう。また、筋肉をつけて基礎代謝を上げるためにも、たんぱく質をしっかりと摂るようにしましょう。

3.調整期:黄体期前半(15日目~21日目)

エストロゲンの分泌量が減って、だんだんとプロゲステロンの量が増えてくる時期のため、カラダは水分と栄養を蓄えやすくする時期です。妊娠を望んでいる女性にとっては妊娠可能性の高い時期となり、大切な時期ですが、同時にむくみやすくなったり、痩せにくい時期になります。無理なダイエットによる食事制限はお勧めできない時期です。

この時期はダイエット期に痩せた分を「キープする」ことに意識を向けて、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルと、バランスよい食事を心がけましょう。ランニングなどの運動が気分転換になるときは 、むくみやだるさ、気分のイライラ防止のためにも軽い運動をするのがおすすめです。運動する気になれない人は、むくみやイライラ防止のためにもストレッチやヨガなどで、できるだけカラダを動かすようにしていきましょう。

4.痩せにくい時期:黄体期後半(22日目~28日目)

心も体も不安定な時期です。 プロゲステロンの量が一番多い時期になるため、むくみもあり、体重も1~2キロ増えてしまうかもしれません。 ダイエットを意識しても成果が出にくく、精神的にもよくないので、この時期は痩せることをあまり意識せず、次のダイエット期のためにもカラダを整える時期にしてあげましょう。

この時期は、「精神を安定させる」「食欲をコントロールする」という気分にかかわる働きをするセロトニンというホルモンが減ってしまう時期でもあります。なので、「甘いものが食べたい!イライラする!」という気持ちにもなりがちです。お砂糖を食べると、セロトニンが一時的に分泌されるので、イライラが収まり、落ち着くと感じます。そのため、この時期に甘いものが食べたくなってしまうのは仕方ない事かもしれません。

一方で、お砂糖を食べると体の中で気分を安定させるミネラルが使われてしまい、逆にもっとイライラする!ということになりかねません。また、口内炎などのトラブルや、せっかく頑張ったダイエットが水の泡…ということにも。甘いお菓子を食べる以外にも、セロトニンを出す方法を知っておきましょう。

「甘いものが食べたい!イライラする!」そんな気分を緩和するセロトニン分泌法

1.運動によってセロトニンを出そう
この時期は激しい運動はしたくないかもしれませんが、軽いウォーキングやストレッチなどカラダを動かすことでセロトニンが分泌されます。

2.セロトニンの材料になるたんぱく質(アミノ酸)をちゃんと摂ろう
セロトニンの材料になる必須アミノ酸が含まれるたんぱく質をしっかりとっていきましょう。おすすめは、大豆、牛乳、マグロの赤身、チーズなどです。

3.太陽の光を浴びて、ぐっすり寝てセロトニンを出そう
日中は太陽の光をしっかりと浴び、夜ぐっすり眠ることがセロトニン分泌アップにつながります。

ダイエットは焦らず周期に合わせて

ここまで紹介してきたように、女性のカラダはホルモンのバランスによって大きく変化するもの。ダイエットは焦らずに周期に合わせて行っていくようにした方が、カラダにも、ココロにも負荷が少なくて済みます。1か月などの短期間で痩せた!太った!と一喜一憂することなく、周期を何回か繰り返す中で、徐々に徐々にダイエットを行っていきましょう。

たんぱく質はどの時期にも大切

また、どの時期も大切なのは、良質な食事、特にたんぱく質を摂ること。生理中の鉄分不足を補うのも、ダイエット期の代謝や筋力をサポートするのも、調整期のカラダづくりにも、生理前のイライラ防止のためのセロトニン分泌にも、たんぱく質に含まれるアミノ酸が大切な働きをしてくれます。
普段の食事では不足しがちなたんぱく質は、上手に補給できるよう気を付けていきましょう。