ベトつき肌、メイク崩れ、ヘア問題…梅雨の美容悩みはコレで解決!

ベトつき肌、メイク崩れ、ヘア問題…梅雨の美容悩みはコレで解決!

湿気でジメジメして気持ちも下がりがちな「梅雨」。さらには髪のうねり、肌の不調、メイク崩れ・・・などなど梅雨特有の美容のお悩みも!
今回は、そんな梅雨の美容問題を解決する方法をお伝えしていきます。

こんにちは!美容担当の馬場さおりです。

「なんだか肌の調子が悪い…」
「メイクも崩れやすくなった」
「そういえば、髪もまとまらない!」

そんな三重苦に悩まされ始めたら、梅雨到来のサインです。
1年中で1番苦手な季節、という人も多い梅雨ですが…
(私も実はその1人でした!)
ちょっとの工夫で、悩みは解決するんです。

ただでさえストレスが多い2021年だからこそ。
この記事を読んで、学んで、実行して、梅雨の美容問題にサヨナラしましょ!

梅雨×マスクで進むインナードライ肌…おうちでできる徹底撃退法

「最近、肌のベタつきがヒドイ…」

そう感じているのなら、梅雨時期に陥りがちなインナードライ肌になっているかも!

多湿な梅雨。
「湿度が高いのなら、お肌には最高の季節!?」と思うかもしれませんが、実は肌にとっては要注意シーズンです。
というのも、湿気で肌が潤っているように思えても、クーラーや除湿のきいた部屋内は空気が乾燥しているもの。
外と内の湿度変化によって肌表面の水分が蒸発し、いつも以上に肌は水分不足になりやすいんです。

しかも梅雨は高温多湿なので、汗もかきやすいもの。
汗は乾く際、肌表面の熱と一緒に水分を奪って蒸発するため、余計に肌の水分不足に拍車がかかります。
すると肌は皮膚を守ろうとして、皮脂をどんどん分泌し、ベトつきやすくなるのです。
とはいえ、肌内部の水分は変わらず不足している状態なので、表面はテカテカ、中は乾燥、といったインナードライ状態に!

過剰な皮脂はメイク崩れの原因にもなるので、梅雨時期のインナードライスキンケアはマスト中のマスト。
ぜひ取り入れたいのは、保湿効果を高める導入ケアアイテムと拭き取り化粧水です。
導入系アイテムで化粧水などの浸透性を高めて肌内部の水分量アップし、拭き取り化粧水で余分な角質と皮脂汚れをオフしましょう。
より集中的にケアするなら、肌と親和性が高いセラミド配合の美容液などを投入すると、よりスピーディに水分不足を解消できますよ。

ファンデ落ちに、マスカラ滲み…梅雨時はメイクに一工夫で予防を

肌トラブルのみならず、メイクの持ちにも影響してくる湿気。
普段どおりのメイクをしていると、マスク擦れも相まって、夕方を待たずに悲惨な顔になってしまうリスク激増です。

特にベースメイクはドロドロに崩れやすいもの。
ファンデーションはツヤ系の油分水分が多いアイテムよりも、油分水分の少ないマット系にするのがおすすめです。
また、メイクの仕上げにティッシュで軽く押さえて、余分な油分水分を取り去るのも大切な手順。
その上からルースパウダーをONすれば、ドロドロ崩れ予防度がアップ。

「絶対に崩れたくない!」という人は、カバー力は下がりますが、パウダーファンデを頬の中心やTゾーン、顎先だけにのせ、他のパーツはルーセントパウダーでおさえる程度にするのが鉄板策。

滲みやすいマスカラやアイシャドウは、ウォータープルーフタイプや練り系を選び、指で塗って肌との密着度を高め、落ちにくく工夫を。
そしてマスカラはまつ毛の根元塗りを避けて、毛先だけに塗るのが重要です。
最後の仕上げに、メイクキープスプレーをかければ梅雨時期もメイク落ち悩み知らずに!

広がり、うねり、まとまらない髪…湿気に負けない梅雨オイル美容

うねって、広がって、まとまらない梅雨の髪の毛。
ストレートパーマをかけたり、常にアップヘアにしたりと対策は色々あるけれど…実はあるアイテムを使えば、悩みは一気に解決へ。

その正体は「ヘアオイル」
湿気や汗で水分が髪に入り込むことで、うねりやクセ、広がりしやすくなるため、セットした後、髪に水分が入り込まない状態をつくることがヘアスタイルキープの秘訣です。

ポイントは朝しっかり根本から乾かしたら、オイル系のスタイリング剤で髪をセットし、髪を油分でコーティングすること。
普段スタイリング剤を使わない人は、ドライヤーで乾かす前にオイルタイプのトリートメントを使うだけでも、効果は感じられるはず!

梅雨を楽しく過ごすためにも、美容悩みは解消すべき!

3つの解決法で、ストレスフリーな6月を過ごしてくださいね。


美容家・予想医学ライター
馬場 さおり(BABA SAORI)

「美容は好き、よりも使命」をモットーに、専門の予想医学を基盤とした健康法やダイエット、スキンケア術、メイク方法まで幅広い健康と美容の分野で情報を発信。エステ専門業界誌の編集人を務め、美容家としてはメディア出演、セミナー講師などを中心に活動。

HP:https://ameblo.jp/babasaori/
Instagram:https://www.instagram.com/bkrw_beauty/ (アカウント:@bkrw_beauty)

Bicle(ビクル)では、

  • 医師
  • 管理栄養士
  • 薬学修士
  • スポーツ栄養学の修士
  • 機能性食品や健康美容商品の企画開発・研究者

などの専門性を有するメンバーによって商品の企画・開発、記事の執筆等を行っています。