突如現れる吹き出物におさらば!大人ニキビを回避する【肌質チェンジ食】

突如現れる吹き出物におさらば!大人ニキビを回避する【肌質チェンジ食】

風邪を引いたり、生理前だったりと、肌荒れに悩まされるタイミングは誰しもあるもの。しかし、日常的に大人ニキビや毛穴のつまり、プツプツした吹き出物があらわれるとしたら……それは食生活に原因があるかも。365日不安定な肌では、肌老化もスピードアップしてしまい、どんなにスキンケアを頑張っても、水の泡。まずは大人ニキビを作りにくくする肌を体の中から育てて、肌土台を整えましょう!

こんにちは!
基礎栄養学担当の馬場さおりです。
大事なイベントや約束事、お出かけの用事がある日の朝に限って出現する、あ・い・つ。
そう、憎き存在「吹き出物」、またの名を「大人ニキビ」です。

突然現れては、乙女心を悩ませる肌荒れ。
「出来てしまったが最後……」と、諦める日々にお別れしましょう!
実は食事やサプリメント次第で、トラブルに強い肌はつくれるもの。
大切なタイミングで肌荒れに悩まされないためにも、肌質チェンジ食に
チャレンジしてみませんか??

風邪を引いたり、生理前だったりと、肌荒れに悩まされるタイミングは誰しもあるもの。
しかし、日常的に大人ニキビや毛穴のつまり、プツプツした吹き出物があらわれるとしたら……
それは食生活に原因があるかも。
365日不安定な肌では、肌老化もスピードアップしてしまい、どんなにスキンケアを頑張っても、水の泡。
まずは大人ニキビを作りにくくする肌を体の中から育てて、肌土台を整えましょう!

不飽和脂肪酸の摂りすぎは汚肌に直通!注意すべき食材って?

「ポテトチップスを食べ過ぎた翌日は吹き出物ができる」

「ファーストフードを食べると、肌が不安定になりやすい」

脂っこい食事を食べた翌朝、肌を触ると「ベトッ」「ギトッ」と
脂ぎっていることはありませんか? 
実はコレこそが、突如あらわれる吹き出物の引き金なのです。

というのも、毛穴には「皮脂腺」という機能があり、
肌を乾燥から守る「皮脂」を分泌しています。
実はこの皮脂は、食事に含まれる脂が血液を通って
そのまま皮脂腺に運ばれ、皮脂として分泌されたもの。
つまり、皮脂は食べた脂の一部で構成されているのです。

 たとえば、ペペロンチーノを食べれば、ペペロンチーノの脂質が。
焼き肉を食べれば、肉の脂質が。
天ぷらを食べれば、揚げ物の際に使われる脂質が皮脂になって出てきます。
そこで肌荒れに関係してくるのが、脂質の種類
脂質には固まりやすい脂質である飽和脂肪酸と、
固まりにくい脂質の不飽和脂肪酸があり、
肌トラブルを引き起こす要因になるのは、前者の飽和脂肪酸です。
冷えると固まる脂が皮脂として分泌されると、
肌の表面で固まってしまうため、肌トラブルの原因になります。
さらに肌トラブルだけでなく、動脈硬化や高血圧など健康被害の原因になることもある飽和脂肪酸ですが、
主に肉類や乳製品に含まれており、ポテトチップスやファーストフード、
サーロインステーキ、コンビニフードなどがその代表例。
中でもコンビニ弁当に多く含まれている、
飽和脂肪酸の一種「アラキドン酸」は過剰に摂りすぎると
炎症を引き起こしたり、イライラしやすくなったりする美容の大敵な存在
肌のことを思うのなら、コンビニフードはできるだけ避けて通りたいところです。

脂っこいものを食べた後でもOK!肌荒れを予防する無敵成分

「飽和脂肪酸の摂りすぎは、肌トラブルの元」とは分かっていても、
脂っこい食べ物は美味しいし、食事会や外食、付き合いなどで
一切食べないようにするのも難しいもの。

 

そこでおすすめしたいのが、別名「美人のサプリメント」
とも言われている青魚成分「EPA(エイコサペンタエン酸)」。

不飽和脂肪酸のEPAは皮脂が固まるのを防ぐ働きがあるため、
飽和脂肪酸が多く含まれる脂っこ〜い食事を食べた後でも、
皮脂の性質を変えることができる優秀成分。
血液をサラサラにする効果もあるため、
大人ニキビや吹き出物から肌を守ってくれるだけでなく、
肌の血色を良くする効果
もあり、肌育にとっては嬉しいことだらけ!

 

そんな美肌の味方であるEPAを多く含む食材は、青魚たち。
鮭や秋刀魚、サバ、まぐろ、さわら、イワシ、タチウオ、アジ
などが代表的な食材であり、特に冬が旬のブリはEPAだけでなく、
ビタミン類の含有量も多くなる上、コレステロールの代謝促進に
役立つタウリンも豊富です。
美肌もダイエットも応援する食材なので、
今の季節は積極的に食べていきましょう。
ただし、「なかなか魚を食べるのが難しい」なんて人は
サプリメントでの摂取ももちろんOK!

 

どんなにプロテインで肌育しても、スキンケアで乾燥対策をしていても、
肌トラブルを引き起こすような食生活をしていては、元も子もありません。
食事による吹き出物を回避するためにも、
脂っこい食事やコンビニフードなどは極力避けたるのが無難です。
もし食べてしまったときは、翌日に青魚を食べるか、
EPAのサプリメントなどを上手く活用して、肌トラブルを回避しましょう!


美容家・予想医学ライター
馬場 さおり(BABA SAORI)

「美容は好き、よりも使命」をモットーに、専門の予想医学を基盤とした健康法やダイエット、スキンケア術、メイク方法まで幅広い健康と美容の分野で情報を発信。エステ専門業界誌の編集人を務め、美容家としてはメディア出演、セミナー講師などを中心に活動。

HP:https://ameblo.jp/babasaori/

Instagram:https://www.instagram.com/bkrw_beauty/ (アカウント:@bkrw_beauty)