夏のどろどろメイク落ちを阻止!汗も皮脂も寄せ付けないサマーメイクテク

夏のどろどろメイク落ちを阻止!汗も皮脂も寄せ付けないサマーメイクテク

汗や皮脂で落ちやすい夏のメイク事情に加え、どこに行くにも一緒のマスク。
もう、メイク崩れ不可避な環境ですよね(怒)
今回は、マスクをしてても、汗も皮脂も寄せ付けないベースメイクはもちろんのこと。
落ちにくいポイントメイクのコツと、夏を満喫できるアイメイクを伝授します♡

こんにちは!美容担当の馬場さおりです。

「夏ってこんなに暑かったっけ?汗」

と思わずにはいられないくらいの毎日。

汗や皮脂で落ちやすい夏のメイク事情に加え、
マスクでメイク落ちが深刻化する今年。

でも諦めないで!ちゃーんと、メイク落ち防止策はありますから!!

メイク崩れの原因は「乾燥」「重ねすぎ」「密着不足」

この夏、マスクメイク崩れに打ち勝ちたいのなら、注意すべき項目が3つ。
それは「乾燥」「重ねすぎ」「密着不足」です。

乾燥すると皮脂が分泌されやすくなりメイクが浮きやすくなります。
浮いたメイクはマスクで取れやすくなり、ボロボロFACEへ一直線。
普段から乾燥気味な方は化粧水をハンドプレスで丁寧に入れ込んでおくのが
マスト!

そして、メイクのミルフィーユもご法度。
ベースメイクでもポイントメイクでも、重ねるほどにヨレ落ちしやすく
なります。
もちろん厚く塗るのもNG。
メイク後、ティッシュを顔に乗せて色移りしたら、
重ねすぎ・厚く塗り過ぎだと思って正解! 

また、密着度が甘いと汗や皮脂でメイクが浮くのは時間の問題に。
一つ一つの工程を丁寧に、密着させることを徹底しましょう。

真夏でも化粧仕立てをKEEPする!メイク前の下準備

(誰も炎天下のもと、メイクする人はいないと思いますが…)
夏場、クーラーの効いた室内でメイクするのが大前提。

というのも、汗をかきやすい状態でメイクすると、密着力が低くなり、
メイクKEEPは困難に。

シャワーやドライヤーの後、顔周りが火照っている状態でメイクするのも
避けたほうが無難です。

もしもすぐにメイクしなければならないときは、首元を冷やしタオルで巻いて
頸動脈を冷やしてあげましょう。
顔の火照りもすぐさま取れます◎

メイク前は毛穴を引き締め、火照りをクリアにするために、
冷蔵庫で冷やした収れん化粧水を使うのがポイント。

テカりやすいTゾーンはコットンパックで念入りに肌を冷却しておくと、
メイク崩れ防止効果がさらにUP。
コットンパックの上から保冷剤をあてると、より毛穴が引き締まります。

ベースメイクに入る前に、ティッシュで顔の余分な油分をオフすることも
お忘れなく!

落ちない+ヨレない!メイクテクをSTEPごとに紹介!

<STEP1:下地>

ベースメイクアイテムの選定は、かなり重要。
まず、重ねるものを減らすための手段として「カバー力も兼ね備えた下地」
使いがおすすめ。

テクスチャーはリキッドを選んで、ブラシやスポンジを使って丁寧にのばし、
密着力を高めましょう。

頬部分は乾燥しやすいので、保湿効果のある下地を部分使いするのも手。
これを仕込んでおくか否かで、頬のヨレ度合いが変わってきます。

<STEP2:コンシーラーorファンデーション>

肌悩みが少ない人は、+コンシーラーで気になる箇所だけ色味を整えるのが
最善策。

ファンデーションを重ねる場合も、同じようにリキッドを使って、
ブラシorスポンジを必ず使うのが鉄則です。

そして絶対にカバーしておきたいパーツは、目のクマ。
マスクから出る目元は色ムラが目立ちやすく、クマがあると疲れた印象に……。
塗りすぎると野暮ったく見えるので、コンシーラーやファンデーションを
伸ばすときに使用したブラシorスポンジに残っている量を使うのがベスト!
 

逆に鼻の下は汗をかきやすいため、できる限り下地だけでベースメイクを
終えるのがコツです。

★ここでマスクメイク最大のPOINT!

ベースメイクの最後にパウダーをはたきたいところですが、
パウダーはすべてのメイク工程が終わった後に使うようにしましょう。
こうすることでポイントメイクも落ちにくく予防することができます♡

<STEP3:アイシャドウ>

アイシャドウもまぶたに密着させるために、指の腹で塗るようにすること。
アイシャドウはよれると直すのが大変な面も……。

まぶたに汗をかきやすい方は、アイシャドウよりもウォータープルーフの
アイライナーで色を使うのがおすすめです。

目尻にカラーライナーを引けば、印象的な目元に仕上がり、
マスク姿をオシャレに仕上げられます♡ 

また、マスクの隙間からもれる蒸気によってまつ毛のカールが取れやすいため、
マスカラは下地を使ってカールキープするとアイメイク持ちがUPします。

<STEP4:チーク>

マスクメイクの難関といえば、マスクへ色移りして落ちやすいチーク。
肌との密着力を高めるために、練りチークやリキッドタイプを使うのがおすすめ。
マスクの骨子が当たりやすい頬骨は避けて、頬骨下あたりに気持ち濃い目に入れましょう。

<STEP5:リップ>

リップは色移りしにくいマット系のティントリップを仕込んでおくのが正解。
唇全体に塗るよりも真ん中部分に色味をつけて、マスクを取る直前に
グロスなどを塗り直すとリップ悩みが解消します。

<STEP6:仕上げ>

全部のメイク工程を終えたら、最後にフィニッシングパウダーをブラシで
軽くのせて完成です! 

よりメイク崩れ力を高めたいなら、メイクキープスプレーで最終仕上げを
するのも賢い手。
筆者は肌摩擦防止のために、バビーパウダーを肌に当たるマスクの骨組み部分に
パフで軽くのせています。
メイク崩れもしにくくなるのでおすすめです♡

大事なのは、「重ねない」こと。
そして一つ一つの工程で、「肌に密着させる」こと。
マスクの中が汗だくになりそうなときは、首元を冷やすと火照りが軽減される
ので、真夏はネッククーラーを持ち歩くのも◎。
ぜひ今日(明日?)から、メイクテクを実践してみてくださいね♡


美容家・予想医学ライター
馬場 さおり(BABA SAORI)

「美容は好き、よりも使命」をモットーに、専門の予想医学を基盤とした健康法やダイエット、スキンケア術、メイク方法まで幅広い健康と美容の分野で情報を発信。エステ専門業界誌の編集人を務め、美容家としてはメディア出演、セミナー講師などを中心に活動。

HP:https://ameblo.jp/babasaori/
Instagram:https://www.instagram.com/bkrw_beauty/ (アカウント:@bkrw_beauty)