ダメージを最小限に!うっかり日焼け時のNG&OK応急処置ガイド

ダメージを最小限に!うっかり日焼け時のNG&OK応急処置ガイド

こんにちは!美容担当の馬場さおりです。
24時間365日、日焼け対策に休みはないもの。日焼けダメージは、シミやくすみだけでなく、光老化の影響でハリや弾力が失われ、ほうれい線や小ジワが目立ちやすくなるなど、まさに美容の死活問題。
だからこそ、早めの対処が超重要なんです!
今月はそんな日焼け時の応急処置ケアについて、レクチャーしたいと思います!

知っておくと安心無敵!日焼け時のOK応急処置ケア

日焼けした肌は、やけど状態。
だからこそ、真っ先にすべきなのは、日焼けしてしまった部位を冷やして肌の熱を引かせること。
保冷剤をハンカチやタオルで包み、熱が引くまでしっかりとアイシングを行いましょう。保冷剤がないときはビニール袋に入れた氷水でもOK!

ここでのポイントは、「日焼け後、一刻も早く冷やす」ことと、肌ダメージを悪化させないために「冷やすときに擦らず叩かない」こと。

次に、十分にアイシングしてほてりが引き、ひりつきがおさまったら、油分が入っていない低刺激性の化粧水やジェルなどで保湿します。
もし屋外にいて化粧品が手元にない場合は、日焼けした部分がそれ以上悪化しないように、ハンカチや衣服などでUVからカバーを。
腕や首元、デコルテなどはハンカチやタオルを濡らして覆い隠すようにするのもおすすめです。

その日は入浴を避け、シャワーも水圧弱めの温度設定を37、8度と低くして。
スキンケアは、引き続き刺激を与えないものを選び、できる限り、2STEP以下にまとめること。
普段、化粧水、美容液、乳液を使っている場合、化粧水と乳液だけにして肌に触れる回数を極力おさえて!

そして肌のリカバリーをサポートするためにも、飲む日焼け止め系のサプリメントの活用を。
日焼け直後から活用できると100点満点ですが、帰宅後取り入れるでも問題なし。
その日だけでなく、数日間は飲み続けるのがポイントです。
またビタミンCは肌の代謝をアップしてメラニン排出をサポートする栄養素。
ビタミンC配合のキウイやベリーなどを食べたり、サプリメントで積極的な摂取が吉!

実はやりがち!日焼け後に避けるべきNG応急処置ケア

「日焼けしちゃった!(汗)」とき、多くの人がやってしまうのが、美白化粧品を使うこと。
基本的に美白成分は刺激が強いものが多く、やけどしている肌にはかなりの負担になります。

また、「しっかり保湿しなきゃ!」と、日焼け直後にこってりしたクリームなどを塗るのもNG。
油分の多いクリームや乳液は、皮膚表面に膜をつくって汗を蒸発しにくくしてしまいます。
すると、熱が逃げられなくなり、ほてりがこもってしまう事態に。
日焼け後の肌に大切なのは、一刻も早くほてりをとることなので、ほてっている間は使う化粧品に気をつけましょう。

それこそ、日焼け後数日間はAHAなどのピーリング成分が入っている洗浄料やスクラブケアも絶対NG。
日焼け肌がめくれてくると、そういった古い角質ケアができるアイテムを取り入れたくなるものですが、日焼け後の肌は思っている以上にダメージを受けています。
肌の安心安全のためにも、1ヶ月ほどは様子を見てスキンケア&ボディケアを行うのがおすすめです。

正しい日焼け止め対策と+αで実践したい超対策術

夏場は汗をかくことで、知らず知らずのうちに日焼け止めが落ちやすいもの。
よく言われていることではありますが、3時間おきのこまめな塗り直しが、うっかり日焼けを回避する一番の方法です。
また、塗り忘れしやすい首や首後ろ、二の腕後ろは忘れないように毎回チェックを。
ちなみにスプレータイプのUVアイテムなら、塗り直しも簡単ですし、塗り忘れしにくいメリットも。

「なかなか日中の塗り直しが大変」という方は、衣服用のUVスプレーもおすすめ。
服にふきかけるだけで、お気に入りのコーデのまま、UV対策が叶います。それこそ、夏用ストールにふきかければ、首に巻いてもよし、肩にかけてもよしで使い勝手抜群。
「UVカット素材の衣服に好みのものがない(泣)」という方にこそ、おすすめしたい対策術です。

また目からの日焼けは意外と盲点。
しっかり回避するためにも、日中のサングラス使いはマストです。

日焼け後の応急処置ケア次第で、肌ダメージが変わるもの。
肌トラブルだけでなく、エイジングサインを引き寄せないためにも、適切なケアで肌を守りましょう! 
ただし、日焼け後の肌に痛みがあったり、水疱ができていたりするときは、速やかな皮膚科の受診を。


美容家・予想医学ライター
馬場 さおり(BABA SAORI)

「美容は好き、よりも使命」をモットーに、専門の予想医学を基盤とした健康法やダイエット、スキンケア術、メイク方法まで幅広い健康と美容の分野で情報を発信。エステ専門業界誌の編集人を務め、美容家としてはメディア出演、セミナー講師などを中心に活動。

HP:https://ameblo.jp/babasaori/
Instagram:https://www.instagram.com/bkrw_beauty/ (アカウント:@bkrw_beauty)

Bicle(ビクル)では、

  • 医師
  • 管理栄養士
  • 薬学修士
  • スポーツ栄養学の修士
  • 機能性食品や健康美容商品の企画開発・研究者

などの専門性を有するメンバーによって商品の企画・開発、記事の執筆等を行っています。