BEAUTY MAGAZINE

お腹のトラブルを解消!ファインフローラ16って?

お腹のトラブルを解消!ファインフローラ16って?

毎日気持ちよく出ない、排便のニオイが気になる、便秘や下痢で安定しない…おなかのトラブルが気になる人必見のファインフローラ16(FF16)。快便だけではなく、快便によりデトックスが行われることで、美肌にも効果があるといわれています。この記事では、おなかのトラブルに影響する腸内環境改善のため、「生菌」「死菌」ともちがう乳酸菌生成物FF16について解説します。

Bicleにも入っている「FF16乳酸菌」って何?

乳酸菌生産物質粉末「ファインフローラ16(FF16)」をご存知でしょうか?

FF16 は、腸内環境改善を促しカラダが本来持っている力を引き出す、
選び抜かれた16種類35株の乳酸菌を用いた「生菌」とも「死菌」とも違う、乳酸菌素材です

お通じのトラブルや肌荒れには、腸内環境(=腸内フローラ)が大きく影響しています。

「美しさの秘訣!善玉菌を増やして腸内環境をケアしよう」の記事はこちら

美しさの秘訣!善玉菌を増やして腸内環境をケアしよう

 

FF16は、腸内で善玉菌が発酵を促して作りだした、「カラダに有用な代謝物」です
善玉菌は腸内で食べ物の「発酵」をさせることで、カラダにとって有用な栄養を作り出す働きをしています。
ですが、善玉菌が減っていたり、悪玉菌が増えていたりして腸内フローラのバランスが崩れがちな方は、
善玉菌が作り出す栄養を摂りづらくなります。

FF16は、腸内と似せた環境で善玉菌を発酵させることで生成したものです。
発酵済みのため、カラダにすぐに摂り入れられることが特徴です。

 

腸内環境の改善効果

少々マニアックな内容になりますが、光英科学研究所で行われた実験を紹介します。
この実験では、FF16の粉末を4週間モニターに与えて、
腸内フローラバランスの変化や、便の形、ニオイ、すっきり感などを調査しました。

 

善玉菌が増え、悪玉菌が減る

全体では、一般的に善玉菌と呼ばれる善玉菌群が、平均で全体の8%から14.2%へ増加傾向を示し、
反対に、一般的に悪玉菌と呼ばれる群が35.6%から28%へと減少傾向を示しました。

 

便の形がよくなる

FF16を摂ることで、便の形に影響がありました。飲む前の一週間では、

水様状(下痢気味):1
半ねり状:10
バナナ状(理想):15
カチカチ:3
コロコロ:3

だったのに対し、実験の4週目の一週間では、

水様状:2
半ねり状:5
バナナ状:29
カチカチ:2
コロコロ1

という結果で、便の形が理想であるバナナ状に移行ししているという結果が見られました。

便のにおいが軽減する

また、形や頻度とともに重要な「におい」。

今回の実験では、
<とてもくさい・くさい・ふつう・ほとんど気にならない・全く気にならない>の5段階評価で変化をみたそうです。
飲用前は、

とてもくさい:3
くさい:8
普通:17
ほとんど気にならない:3
全く気にならない:0

だったのに対し、飲用4週間目は

とてもくさい:0
くさい:3
普通:16
ほとんど気にならない:11
全く気にならない:0

と、便のニオイが気にならなくなるという傾向がみられたそうです。

 

お肌の機能改善効果

また、同じく光英科学研究所で行われた別の試験では、FF16 によるお肌の機能改善効果も確認されました。

まず第一には、角層の水分量の改善が見られました。
本来角層に含まれる水分量は35%~40%以上が好ましいと言われていますが、
8名の被験者のうち、3名は35%以下で足りない状況でした。
25日にわたるFF16飲用の結果、8名中の7名に水分量の増加がみられ、平均ではなんと20%以上も上昇していました。

また、皮脂量の改善も確認されました。
皮膚の脂の量は一般的に20%~30% が適正といわれていて、
これよりも少ないとドライスキン、多いとオイリースキンといわれます。
この実験中では、8名中5名の皮脂量が普通肌内に収まったそうです。

 

便から腸内環境を把握しよう

腸の中の様子は、なかなかチェックしずらいもの。
腸内環境のバロメーターとして、ぜひ便の形やにおいのチェックもしてみましょう。

腸内環境が荒れていれば、便秘や下痢などのおなかのトラブルだけではなく、
体内の老廃物がうまくデトックスされず、肌荒れや疲れの原因にもなってしまいます。

デトックス

仕事が忙しくてストレスがある、睡眠時間が減ってしまう、発酵食品がなかなか食べられない、
食事が不規則になってしまう、生理が近い…

様々な理由でバランスを崩しがちな腸内環境。
ぜひ、自分のおなかの調子は便から確認し、腸内の環境を整えてあげましょう!

普段から生活習慣や食生活に気をつけて、乳酸菌などの善玉菌を意識して摂っていても、
なかなか調子が上がらないときは、腸内環境改善に役立つFF16配合のBicleで手軽に腸内環境ケアもしてみてはいかがでしょうか