CBD

CBDがてんかんの治療薬になる可能性【海外の研究】

CBDがてんかんの治療薬になる可能性【海外の研究】

「てんかん」は、突然意識を失ったり、けいれんをおこしたりするなどの「発作」を繰り返す疾患で、日本でも約100万人の患者がいるといわれる身近な疾患です。
なかでも「難治性てんかん」は、医薬品を用いても発作が減らない、日常生活にも大きな影響を与えてしまう疾患です。
海外の研究では、そんな難治性の疾患に対しCBDが効果をもたらすという研究結果が報告されているのです。

てんかんとは

てんかんの症状

てんかんは、突然意識を失うなどといった「発作」を繰り返す疾患で、「脳の慢性疾患」といわれています。

この発作は、脳の神経細胞に突然発生する激しい電気的な興奮によって引きおこり、この電気反射が脳のどの部分で引き起こるかによって、手足がぴくぴく動く、光が見える、全身がけいれんするなど様々な発作症状が起こります。

てんかんは100人に0.5~1人がなるといわれている疾患で、日本でも約100万人のてんかん患者がいると考えられています。

てんかんの原因

てんかんの原因はさまざまで、生まれつきのものや、交通事故などの頭部外傷によっておこるもの、脳腫瘍や認知症によっておこるものなどがあります。

こうした原因が明らかなものは「症候性てんかん」と呼ばれています。

一方で、原因が明らかになっていないものは「突発性てんかん」といわれ、てんかん患者の6割を占めています。

てんかんの治療

てんかんの治療は、「抗てんかん薬」を毎日服用する薬物療法が主とされています。

薬物治療でも発作が抑制されない「難治性てんかん」においては、外科治療や食事療法などが検討されます。
外科治療によって発作が収まったり、頻度が減る人もいますが、中にはそれでもなお症状が収まらず、日常生活に大きな支障をきたしてしまう患者さんもいます。

そんな難病であるてんかんに、ヘンプ由来の成分、「CBD」が効果をもたらすという研究結果が示されているのです。

CBD(カンナビジオール)とは

CBDとは

CBDは、ヘンプに含まれる「カンナビノイド」と呼ばれる有効成分のひとつで、数多くの疾患や健康、美容に効果があるとして注目を集めている成分です。

日本でも近年ブームになりつつあり、CBDオイルやべイプ(タバコ)などといった商品が増えてきています。

CBDの主な効能としては、

・抗菌作用
・抗炎症作用
・鎮痛作用
・リラックス作用
・抗不安作用
・睡眠の質の改善

などがあげられます。

こうした効能から、数々の疾患に対する治療薬としての効果が期待され、

・自閉症
・喘息
・アルツハイマー病
・ガン
・うつ病
・てんかん
・リウマチ
・依存症
・骨粗しょう症
・不眠症

などの疾患にも効果があるとして研究が進められています。

てんかん治療へのCBDの効果【海外の研究】

てんかん患者の生活の質の向上

近年行われた研究では、CBDを使用したてんかん患者と、使用していない患者の生活の質の変化が観察されました。

結果、CBDを使用している患者は使用していない患者と比較し、

・うつ・不安などの精神状態
・睡眠の質

の向上がみられました。

さらには

・抗てんかん薬の容認性が大幅に向上
・処方薬の使用量が減少
・医療利用率の低下

などといった結果もみられ、CBDがてんかん患者の生活の質の向上に貢献しているという結果が示されました。

難治性小児てんかんの発作が減少

2016年には、難治性小児てんかんに対するCBDの効果を調査する実験が行われました。

難治性てんかんは、先ほどお伝えしたようにてんかんのなかでも医薬品を使用しても効果が出ず、発作が止まらないものをいいます。

この実験ではCBD:THC=20:1を含有するオイルを難治性てんかんと診断された1~18歳の子供74人に与えところ、なんと89%が発作頻度が減少するという結果が得られたのです。

さらに、行動と、言語、コミュニケーション、運動能力、睡眠も改善が見られました。

犬のてんかんにも有効

2019年に行われた研究では、26匹の犬に対しCBD入りもしくはプラセボ(CBDが入っていない)のオイルを与え経過を観察したところ、CBD入りのオイルを与えた犬のグループで、発作の頻度が有意に減少したという結果が示されました。

まだ小規模な実験ではありますが、人間だけでなく、ペットのてんかんにもCBDが有効である可能性が示されたのです。

CBDのてんかん薬「Epidiolex」

出典:Hemp TODAY

CBDを主成分としたてんかん薬に、「Epidiolex(エピディオレックス)」があります。

Epidiolexは、GW製薬の米国子会社Greenwich Biosciencesが開発した薬で、2018年には難治性てんかんのレノックス・ガストー症候群、ドラベ症候群の治療薬としてFDA(食品医薬品局)にも承認されています。

日本では大麻取締法第4条第1項で大麻から製造した医薬品の施用が禁じられているため、現状使用することはできません。

ですが、2019年には大麻由来の医薬品の「治験」が認可されたことから、沖縄赤十字病院と聖マリアンナ医科大学が治験の申請準備を開始しはじめています。

今後さらに今後議論がが進めば、エピディオレックスをはじめとする大麻由来の医薬品の使用が許可される可能性もあります。

CBDが、日本でもてんかんに苦しむ方の助けになる日が今後訪れるかもしれません。

参考


いいかがでしたか?

Bicleでは、
・高品質のブロードスペクトラム原料を使用(CBN、CBG配合)
・THCフリー(ISO取得の第三者機関にてLOD:0.0001%基準にてTHC検査を実施)
・独自のテルペン配合
・天然由来の成分のみを使用(着色料、合成香料、甘味料不使用)

など、品質にこだわって開発したCBD製品を絶賛発売中!

また、CBD製品のOEM・ODMや原料販売のご相談も承っております。
お気軽にお問い合わせください!

BicleCBD商品

Bicle(ビクル)では、

  • 医師
  • 管理栄養士
  • 薬学修士
  • スポーツ栄養学の修士
  • 機能性食品や健康美容商品の企画開発・研究者

などの専門性を有するメンバーによって商品の企画・開発、記事の執筆等を行っています。