BEAUTY MAGAZINE

CBD

【海外の研究】CBDは虫歯予防にも効果的?

【海外の研究】CBDは虫歯予防にも効果的?

様々な疾患に対する研究が進められているCBDですが、最近の海外の研究ではCBDを含むカンナビノイドが虫歯や歯周病などの原因となる歯垢の細菌含有量を減らすことが報告されました。

歯垢が虫歯や歯周病の原因に

歯垢とは、歯の表面や歯と歯の間に付着している細菌の塊のことで、
1mgあたり約1000億個以上の細菌が詰まっていると言われています。

歯垢は、口臭や虫歯、歯周病の原因となるため注意が必要です。
また、歯垢を放置すると、唾液中のカルシウムやリンと結びつき、
歯石になります。

歯石になってしまうと自分では除去することができず、
歯科医院で除去してもらわないといけません。
こうなる前に、歯磨きや歯間ブラシでのケアなど、
日頃から口腔ケアをして口内を清潔に保つことを心がけたいですよね。

カンナビノイドとは

カンナビノイドとは、大麻草に含まれる薬効成分の総称で
CBDやTHC、CBG、CBMなどがあります。

精神作用のあるTHCは日本では法律で禁止されていますが、
そういった作用のないCBDが近年日本でも注目されており、
オイルやバーム、Vapeなど様々な製品が販売されるようになりました。

カンナビノイドが歯垢の細菌含有量を低減する

海外の研究では、それぞれカンナビノイドの1種である
CBD(カンナビジオール)、CBC(カンナビクロメン)、
CBN(カンナビノール)、CBG(カンナビゲロール)、
CBGA(カンナビゲロール酸)と、オーラルB、コルゲート、オーラルB、
カンナバイトFなどの口腔ケア製品が比較されました。

結果、カンナビノイドはその他の口腔ケア製品と比較して、
歯垢の細菌含有量を低減させ、口腔ケアに有効であることが示されました。

そのため、カンナビノイドは歯垢に対する有効な抗菌剤として使用できる
可能性があると結論付けられています。

参考文献:Comparison of Efficacy of Cannabinoids versus Commercial Oral Care Products in Reducing Bacterial Content from Dental Plaque: A Preliminary Observation(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6991146/)

海外ではCBDのオーラルケア製品も

実際に海外ではCBDを含有したつまようじ、
歯磨き粉などのオーラルケア製品も販売されつつあります。

アメリカのオーラルケアブランドの「Hello Products」という
オーラルケアブランドでは、ヘンプシードとCBDオイルを組み合わせた
商品ラインをリリースし、歯磨き粉、マウスウォッシュ、
デンタルフロスなどが販売されています。

また、一部の専門家のなかには、CBDのもつ抗菌作用、抗炎症作用から

・歯痛
・歯茎の炎症
・知覚過敏

などもにCBDの効果が期待できるとしています。

まだ研究が進められている段階ではありますが、
日本でも今後CBD入りのオーラルケア製品が広まっていくかもしれませんね。

参考記事:https://thefreshtoast.com/news/what-you-should-know-about-cbd-and-oral-health/