BEAUTY MAGAZINE

CBD

【海外の研究】CBDがむずむず脚症候群の症状を緩和する可能性

【海外の研究】CBDがむずむず脚症候群の症状を緩和する可能性

「むずむず脚症候群」は「レストレスレッグ」ともよばれ、その名の通り脚がむずむずしたり、痒みを感じるなどの不快感があらわれる症状です。
海外の研究ではこの「むずむず脚症候群」に医療大麻やCBDが効果があるとして、研究が行われています。

むずむず脚症候群とは

むずむず脚症候群の症状

むずむず脚は、主に下肢に不快な症状を感じる病気で、
じっとしているときや座っているとき、横になったときなどにむずむずする、
かゆい、痛い、などといった症状が出ます。

また、男性より女性が、そして年齢が上がるほどむずむず脚症候群に
かかる率が高くなるともいわれています。

睡眠障害や精神疾患を招くことも

むずむず脚症候群の主な症状は下肢の違和感、痛み、痒みなどですが、
その不快な症状のために睡眠障害を引き起こすことが多いとされています。

また、日中に疲労感を感じるなど、生活の質が低下に繋がってしまうことも
あり、症状がきっかけで、うつ病などの精神疾患を引き起こすこともあると
言われています。

むずむず脚症候群の原因は?

むずむず脚症候群の正確な原因はまだ明らかになっていません。
しかし、現在の研究では鉄不足によって神経伝達物質の一つである
「ドパミン」の量が減り、情報伝達がうまく働かなくなることが原因
なのではないかといわれています。

また、加齢や肥満、飲酒、運動不足なども要因になっているという報告も
あります。

CBDがむずむず脚症候群の症状を緩和

睡眠の改善や症状の寛解がみられた人も

近年ますます注目を集めているむずむず脚症候群ですが、
治療としては日常生活の改善や(鉄分を多く摂る、カフェインやアルコールなど
の摂取を控えるなど)、酷い場合はドパミン受容体作動薬や抗てんかん薬などの
投薬治療が行われています。

そして、最近の海外の研究では医療大麻とCBDがむずむず脚症候群の症状を
軽減させたという結果が示されています。

この研究では、6人のうち5人の被験者が医療大麻とCBDによって
症状が寛解し、被験者全員が睡眠の質の改善があったと報告されていて、
医療大麻やCBDがむずむず脚症候群の治療に有効である可能性が示されました。

症状が引き起こす精神的苦痛を和らげる効果も

また、むずむず脚症候群の患者の多くが抱える睡眠障害のため、
不安、うつなどの精神疾患や、免疫機能の消耗など他の症状を
引き起こすことがあります。

CBDには

・抗不安作用
・抗うつ作用
・免疫機能の調整

などの効果があるため、こうした症状の緩和・改善にも効果があると
されています。

まだ治療薬としては研究段階ではありますが、睡眠や精神的な症状の緩和に、
CBDが良い効果をもたらしてくれるかもしれません。

参考記事: