BEAUTY MAGAZINE

冬はホットBicleでほっこり朝ごはんを

冬はホットBicleでほっこり朝ごはんを

冬の朝は寒いし、寝起きは特にカラダも起きてなくて、冷たいプロテインを飲むのが気が進まない・・・という方も多いのではないでしょうか?意外とおいしい「ホットBicle」の飲み方を紹介します。

冬の朝は冷たい飲み物ではなく、温かいBicleでカラダを温めて一日を始めたいですね。

温かい飲み物は胃腸を温め、寝ている間に冷えたカラダ全体の体温をしっかりあげて起こしてくれます。
体温が上がることで朝から元気に一日をスタートさせましょう。

ホットBicleの作り方

・Bicle:専用スプーン2杯(約33g)
・牛乳 又は 豆乳 又は アーモンドミルク:250ml
・お湯:50ml
・ハチミツ:お好み

専用スプーン2杯のBicleをシェイカーで豆乳または牛乳と、お湯を入れてしっかり振って混ぜます。
耐熱の大き目のマグカップに移したら、電子レンジで1~2分温めます。

 

朝の忙しい時間でも簡単にできるので、習慣化しやすいですね♪

 

温かい飲み物から朝を始めよう

温かい飲み物から一日をスタートできることは、代謝や免疫力UPにも効果的だといわれています

カラダが冷えたり胃腸が冷えたりすると、カラダ全体の体温も下がり、免疫力が低下してしまいます。
体温が1℃高くなっただけで、がんをはじめとしたさまざまな病気が予防できるともいわれています。

また、胃腸を冷やさない工夫をしておくことで、代謝UPにもつながっていきます。
代謝が落ちると、太りやすくなってしまったり、冷え性やコリ、肌荒れなどの体の不調の原因になってしまいます。

冬に限らず、寝ている間に下がった体温を上げてあげるためにも、
朝は一度煮沸させて、少し冷ました温かいおさ湯で一日をスタートすることがおすすめです。

おさ湯は、一度沸騰させることによって余分な成分が蒸発していき、
薬を服用するときの飲み物として飲まれたり、整腸効果があるとされてきました。

時間があれば、ポットで沸かすだけではなく、お鍋で量が2/3~半分になるまで煮詰めると良いといわれています。

 

カラダを冷やさない工夫

ホットドリンクで体を温める以外にも、冬は特に体を温める工夫をしていきましょう。

特に首回りを温めると体全体が温まります。
女性は、お腹、そして足首にある「三陰交」というツボ周辺を温めてあげるとよいといわれています

生理の時は体温も下がりがち。辛い生理痛も、温めると少し気分が楽になりますよね。

お腹周りは普段から温めておきましょう。

また、足首の「三陰交」は、婦人科系の症状に効果があるツボとしても有名です。
生理痛、更年期症状、メンタルケア、冷え症、むくみなど応用範囲が広いのが特徴です。

足の内側のくるぶしに手の指をそろえて平行にあてた時、すねに向かって指4本分のところにあるツボです。

足を通っている肝経、脾経、腎経というとても大切な3つの陰経が交わっているツボです。

冬もスカートやパギンス、ヒールやパンプスをはいていると足首周りは冷えがちです。
オフィスや家の中ではレッグウォーマーなどを付けて冷やさないように工夫してみましょう。

 

冬を快適に乗り切るためにも、ぜひカラダを冷やさない工夫と、朝のホットBicleをお試ししてみてくださいね。