BEAUTY MAGAZINE

CBD

【海外の研究】CBDが高血圧の抑制に効果的

【海外の研究】CBDが高血圧の抑制に効果的

高血圧は日本人に最も多い病気の1つで、日本人の3人に1人が高血圧ともいわれています。
ほとんど自覚症状がないため気づかないうちに悪化し、重大な疾患の原因になってしまう危険性もあります。

最近の研究ではCBDが血圧の抑制にも効果があるという報告があがっており、
高血圧の治療にも効果を発揮してくれるかもしれません。

高血圧の原因

高血圧は、安静時でも慢性的に血圧が高い状態が続いている状態のことを
指します。
高血圧になる原因や生活習慣としては、

・肥満
・食生活の乱れ
・喫煙
・肥満
・ストレス
・アルコールの過剰摂取
・運動不足
・過労

などがあげられます。

また、腎臓疾患や内分泌の異常などによって引き起こされることもあります。

高血圧であっても自覚症状がないことも多く、目立った症状がないうちに
進行してしまうため注意が必要です。

高血圧による病気のリスク

血圧が高い状態は身体に負担を与え、悪化すると

・動脈硬化
・脳出血
・脳梗塞
・心疾患
・腎不全

など様々な重大な疾患の原因となってしまいます。

平成30年の厚生労働省の調査では、最高血圧が140mmHg以上の人の割合が
男性36.2%、女性26.0%と男性の約3人に1人、女性の約4人に1人が高血圧の
数値が見られています。

また、年齢が上がるにつれて高血圧の人の割合は増加しており、
日頃の生活習慣に十分気を付ける必要があります。

CBDが高血圧に効果あり?

海外の研究結果

CBDとは大麻草に含まれる有効成分のひとつで、
癌やてんかんなどの疾患をはじめ、様々な面での心身の健康や美容に効果を
発揮するとして研究が進められています。

最近の研究では、CBDが高血圧を抑制する効果を発揮したとが示されています。

研究では、CBD(600mg)と、プラセボ(※実際には治療効果のない薬)が
7日間にわたって26人の健康な男性に投与されました。
結果、CBDを投与された患者の平均同脈圧が大幅に低下されたと
報告されています。

さらに、CBDの摂取により、頸動脈の直径が増加し、
動脈硬化の減少も見られたとされています。

CBDのもたらす効果

また、CBDには

・ストレス解消
・アルコール摂取量の抑制
・肥満の改善

などの効果があるという研究結果も報告されており、
高血圧の予防にも効果をもたらすかもしれません。

現在処方されている高血圧の治療薬は、頭痛、動機、めまい、倦怠感など
様々な副作用があるといわれています。

まだまだ研究が必要ではありますが、CBDには強い副作用はないと
いわれており、そういった面でも高血圧の安全な治療の1つとして
可能性があると考えられています。