BEAUTY MAGAZINE

エラスチンとは!?肌のハリと弾力を保つための美容成分

エラスチンとは!?肌のハリと弾力を保つための美容成分

Bicleに配合されている美容成分「エラスチン」とは?お肌のエイジングケアや美容効果について今話題の成分「エラスチン」が、カラダにとってどんな役割を担ってくれるのか、具体的な美容効果についてご紹介していきます。

エラスチンとは

エラスチンとは、実はたんぱく質の一種で、肌や血管の弾力を保つはたらきがあります。

お肌のツヤや弾力にはコラーゲンが大切、というのは聞いたことがあるかもしれませんが、
エラスチンには、このコラーゲンをつなぎ止め、支える役割があります。


人の肌は表皮の下に真皮があり、この真皮の70%がコラーゲンで構成されています。
エラスチンは約2%~5%程度しかありませんが、コラーゲンに絡み、
コラーゲン同士をつなぎとめて支える役割や、真皮と表皮をつなぐ役割を果たしています。
エラスチンがないとコラーゲンを支えることができなくなり、
ハリがなくなってしまったり、シワができたしまったりするんです。

このように、真皮の構造を支え、肌そのものの弾力を保つために不可欠な成分が、エラスチンです

 

エラスチンの美容効果

これまでは、肌のツヤやハリ、弾力に大切な成分はコラーゲンだと考えられ、
美容の世界でも注目されるのはコラーゲンで、真皮の構成比の2%~5%しかないエラスチンはあまり注目されていませんでした。

また、エラスチンは水などの溶剤に溶けにくく、扱いにくかったため、あまり研究テーマとして避けられがちでした。

ところが最近では研究も進み、エラスチンの性質や役割が解明されてきたことによって、
コラーゲンに匹敵するくらい美容・エイジングケアとしての注目が高まってきているんです

エラスチンは水分を抱え込んで保持する機能もあるため、肌の保湿にも影響するといわれています。

また、肌のツヤや弾力をつくるため真皮層で網目状になっているコラーゲンは、
エラスチンがコラーゲン同士をつなぎとめることで機能しています。コ
ラーゲンというと「ぷるぷるのゼリー」のようなイメージが強いかもしれませんが、
あれはコラーゲンを加工したゼラチンのイメージで、
人の肌の中のコラーゲンは強靭で固い皮のスーツのような性質を持っています。

このコラーゲンを真皮層の中でつなぎ止め、弾力を持たせているのは、ほかでもないエラスチンなんですよ。

エラスチンはゴムのような伸縮性をもっている繊維質で、
強靭なコラーゲン同士をつなぎとめ、弾力のある組織にしていく役割を持っているため、
肌の弾力、ハリの面ではエラスチンが大きな美容効果を持っているといえます

 

エラスチンは年齢とともに減ってしまいます

エラスチンは赤ちゃんの時はあまりなく、20代をピークとして作られ、その後はあまり入れ替わることがないといわれています。
そして、30代後半をめどに急激に減ってしまうといわれています。
その結果、肌に弾力やツヤがなくなり、大きなほうれい線の原因となってしまいます。

一度減ってしまったエラスチンを増やすことは容易ではありません
また、真皮層に存在するエラスチンをスキンケアで肌の外から直接摂取しようとしても、
真皮層まで届かずにあまり意味がありません。

エラスチンはカラダの中から摂取するか、もしくは減らさないように努力することが重要です。

エラスチンが含まれる食材には、
牛すじ、鶏手羽先、軟骨やモツ、丸ごと食べる小魚や、煮魚などにして皮まで食べられる魚などがあげられますが、
なかなか毎日食べるのが難しそうなメニューばかりです。そのためサプリメントなどで摂取することがおすすめです。

また、エラスチンはアミノ酸が結合した大きなたんぱく質分子ですが、
食事等で摂取する際に分解されてしまうため、継続して摂取しないとなかなか取り込みづらいという性質があります。
継続して摂取することとあわせて、エラスチンの減少を抑制し、
生成を促進するようなビタミンやミネラルと一緒に摂取することも大切ですよ。

 

“抗酸化”でエラスチンの生成を促進

エラスチンを生成しているのは、真皮層を構成している線維芽細胞です

この線維芽細胞は、紫外線やストレスなどによって体内に発生する”活性酸素”という老化物質によって、
傷ついたりうまく機能しなくなってしまったりします。

この活性酸素から線維芽細胞を守るために、
抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミンA、C、Eといったビタミンをとって「抗酸化」をしていくことも、
エラスチンの生成を助け、肌のハリや潤いを保つ秘訣といえます

 

“糖化”も怖い

酸化だけではなく、体の内側の老化現象として“糖化”も気を付けたいところです。

糖化とは、体の細胞が糖質の摂りすぎによって影響を受けてしまう、老化現象です。
お肌では、お肌のハリや潤いを保つコラーゲンが、糖化によって変性し、シミやシワの原因になってしまいます

糖化の原因は、スバリ糖質の摂りすぎです!

現代人の食生活は、
ごはんや麺、パン、スイーツ、飲み物などにも大量の糖質が含まれており、どうしても糖質過多になりがちに・・・。
ダイエットだけではなく、お肌の劣化や老化を防ぐためにも、糖質の摂りすぎに気を付けていきましょう!

 

いつまでもきれいな肌を保つ習慣

Bicleでは、女性のキレイをいつまでも保っていくためにも、
なかなか普段の食事からは食べられないエラスチンやブライトニングパインなどの美容成分や、
お肌の老化につながる“酸化”を防止するための抗酸化ビタミンも配合しています。

また、お肌の糖化を促す糖質の摂りすぎを控える工夫として、砂糖や人工甘味料を使うことなく、おいしく仕上げています。

いつまでもキレイ肌を保つためには、今から始める小さな積み重ねが影響してくるといわれています。
1年後、5年後、10年後のキレイをつくっていくためには、今からつける美容習慣がとても大切です。

おいしく続けられる美容習慣づくりの一助として、ぜひBicleを継続して活用してください!