BEAUTY MAGAZINE

CBD

ストレスや不眠の解消に!世界中で注目されるCBDの効果

ストレスや不眠の解消に!世界中で注目されるCBDの効果

「医療大麻」=大麻由来の合法な成分であるCBDの効果に、世界中で関心が高まり続けています。日本でも話題になっているCBDの効果と女性にオススメの取り入れ方をご紹介します。

「マリファナ」または「大麻」と聞くと、どんなイメージをお持ちになりますか?芸能界でも違法薬物の問題がニュースを騒がせていますが、実は合法である大麻由来のCBDという成分に、世界中の関心が高まり続けています。

美容にもつながるストレスや不眠の解消、抗炎症作用など、女性にもうれしいたくさんの効果を持つCBDについて、今回は触れていきます。

1)そもそもCBDとは?

CBDとは、Cannabidiol(カンナビジオール)の略語で、
麻(ヘンプ)に含まれる薬理成分の一種。

CBD(カンナビジオール)

大麻というと、薬物のように悪い印象が持たれてしまいますが、
もともと紀元前1000年前のインドや中国などでも、
医療目的で使用されてきた薬草の1つです。
※実は、日本でも戦前までは鎮痛薬やぜんそくの治療薬として利用されてきたそうです!

現在、一般的に出回っているCBDの製品は、いわゆる”ハイ”になる向精神作用を
もつ成分を極度に軽減させた”産業用ヘンプ”から抽出され、作られています。

日本では違法ではないの?

結論からいえば、日本でも違法ではないのですが、2つの注意点が。

①大麻草のうち、どの部分を原料としているか茎と種子はOK!
日本の場合は、1948年にアメリカの統治下で大麻取締法が制定されました。
大麻取締法では、大麻草のうち

・葉
・穂
・根

とその加工製品の使用を違法としています。
一方で、茎と種子については、実は使用が禁止されていません。

②特定の違法成分を含んでいないか…日本ではTHCは禁止!

大麻に含まれる製品のうち、日本ではTHC(テトラヒドロカンナビオール)
という、向精神作用(ハイになる原因成分)の使用が、
麻薬取締法で禁止されています。

THC自体も、鎮痛効果や末期がん患者の食欲増進効果等が医療分野でも
認められているため、国によってTHCの含有を一定量まで認めています。
(例:アメリカも0.3%未満、欧米は0.2%未満まではOKなど)
そのため、海外の製品をそのまま日本で取り扱おうとすると、
THCが含まれている製品も多いため、違法になる可能性が高いです

2)CBDの驚くべき効果とは

CBDの代表的な効果は、次のようなものです。

・抗炎症作用
・抗酸化作用
・身体機能の調整作用
・ストレスの軽減
・睡眠の質の改善

ストレスやカラダの炎症・酸化は美容にもダイエットにとっても天敵です。
それだけにCBD摂取によって、心身的なリラックス効果だけでなく、
美容効果も実感する人が多いと言われています。

CBDを世界が認めたドキュメンタリー番組

薬物としての偏見がもたれるCBDを世界が認めざるを得ないきっかけになったの
には、2013年にCNNで放映された「WEED」という特集番組があります。

重度のてんかん(繰り返し発作を起こす脳の疾患)を患っていて、
ひどい時には週300回ほどのてんかんを起こしていた少女のシャーロットちゃん。
治療薬は脳にとっても後遺症等のリスクがありますが、
一向に症状が改善されませんでした。
両親がCBDオイルを服用させてみたところ、
頻繁に起こっていた発作がほとんど無くなり、症状が劇的に改善されたのです。

出典:CNN website;
https://www.cnn.com/2013/08/07/health/charlotte-child-medical-marijuana

3)どうしてCBDは効くのか?

現在、WHO(世界保健機構)もその効果を認めはじめているCBDには、
カラダの250以上の疾患に作用するという臨床や研究が進められています
その医学的な論文は既に1,000を超えています

ではなぜCBDは効くのか?

その理由は、人のカラダに元々備わっている身体調節機能
「ESC(エンド・カンナビノイド・システム)」と関係があります。

ESCは、細胞同士のコミュニケーションの役割を担っており、
カラダ中の神経細胞上と免疫細胞上には、
「カンナビノイド受容体」が分布して、調節システムを守っています。


出典:日本カンナビノイド学会
http://cannabis.kenkyuukai.jp/special/?id=19136

ただ、過度なストレスや食べ過ぎ、飲み過ぎ、睡眠不足、加齢が原因で、
ESCの働きが弱くなっている状態、
「カンナビノイド欠乏症」になっている現代人が多いと言われているのです。

そこで、CBD(カンナビジオール)を摂取すると、
カンナビノイドとしてのはたらきをしてくれるため、
本来のカラダの自然治癒能力を高めたり、
免疫システムを機能させてくれるようになります。

4)CBD商品の選び方と注意点

うれしい効果が期待できる一方で、
ようやく日本でも取り入れられるようになったばかりのCBD製品。
実際に手に取る際には、気をつけたいポイントが!

✔違法成分は入っていないか?

先述の通り、日本ではTHCというハイになる成分の使用が認められていません。
実際に国内で流通した商品で、THCフリーを標榜していても、
抜き打ち検査によってTHCが検出されたというなことも発生しています。
成分検査証を明示している安全な製品か見極めが必要です。

✔茎由来の成分か?

同じく、葉や根、穂から抽出された大麻製品の使用もNGの日本。
茎から抽出したCBD製品かは必ずチェックしましょう!

✔中身が入っていない製品にも注意!

FDA(アメリカ食品医薬品局)がCBD製品の抜き打ち検査を行ったところ、
約半数の製品が記載した量のCBD成分が検出されなかったそうです。

中にはまったくCBDが入っていない粗悪なものまで見つかったそう…
信じられないような話ですが、こうした事例が少なくありません。

CBD製品はまだまだ原価も製造コストも高いので、
安いからという理由だけ選ばず、検査証等を明示した製品を選ぶようにしましょう!

✔効果を求めるなら「フルスペクトラム」

CBDの効果を高めるうえで重要なものに、「アントラージュ効果」
と呼ばれるものがあります。
大麻には、CBD以外にもいくつもカンナビノイドという薬理成分やテルペン
と呼ばれる植物由来の生体物質が含まれています。
それらが一緒に取り込まれることで、相乗効果をもたらして、
より高い効力を発揮します。

生成方法によってCBDにはいくつかの種類があります。

・アイソレート
CBDのみを高濃度に抽出している

・ブロードスペクトラム
抽出したCBDに、他のカンナビノイドやテルペン等の成分を加えている

・フルスペクトラム
THCを除去して、CBDやその他のカンナビノイドやテルペン等も
一緒に抽出している

特定の成分を加えるよりも、現時点では大麻草が本来含有している成分を
活かした機能が期待されるフルスペクトラムが、効果面からもオススメです

5)CBD商品の種類とオススメの取り入れ方

さまざまな効果を体感したい方にオススメ

CBDティンクチャ―(リキッド型)

CBD製品で、最も主流なのが、オイルと一緒に摂取するティンクチャ―タイプ。
スポイトで舌の裏に数滴垂らして、60秒ほどそのままふくませまてから飲み込みます。
舌の裏の血管からCBD成分を血中に取り込みやすくすることができます。

VAPE型
VAPE(電子タバコ)に抵抗が無い方であれば、こちらもオススメ。
熱で気化させたCBDを肺の血管から全身の取り込まれるため、
効果が期待できます。

CBDペン型

熱を使用する電子タバコよりも手軽な商品として、煙を吸い込むペンタイプの商品も登場しています。

口にするのには、まだ抵抗がある方にオススメ

バーム

肌に塗ることで、皮膚から取り込んだり、皮膚の炎症や運動後の筋肉の炎症を抑制し、
回復を早めることを目的とした商品もあります。

※日本ではまだ少ないですが、海外ではハンドクリームやボディスクラブ、
フェイスパックなども流通しているので、これからさまざまな商品が出てきてくれそうです。

どれくらいの量を摂取すればいい?

人によって、効果を実感できる量は異なりますが、
目安としては1日あたり25mgほど。

CBD製品は決して安価ではありませんので、少しずつの量からはじめて、
自身の体感を確かめながら、徐々に摂取量を増やしていくのがオススメです。

濃度が異なるラインナップを揃えるメーカーが多いです。まずは低濃度のものから試してみては?

いつ摂取するのがオススメ?

睡眠の質の改善やリラックス効果が期待できることから、
寝る前に摂取する人が多いです。
それ以外にも、日中イライラしたときや、集中力を高めたいときにさっと
服用するのもよいでしょう。
※念のため、運転前等の摂取は控えた方がよいでしょう。

6)実際に試してみた感想

弊社の代表取締役がCBD商品を試してみました!
今回試してみたのは、次のような商品です。

・ティンクチャ―(リキッド)
一番実感が得られたので、もう手放せないです。

・CBDペン
仕事の合間でも吸いやすいので、よい気分転換になります。
コーヒーを飲む量が減って、エナジードリンクも一切やめました。

・バーム
運動後や寝る前に塗ると、効いている実感が。
肩こりの軽減にも体感は抜群です。

実感したカラダの変化

一番の体感は、朝がつらくなくなった
低血圧のため、全然起きれませんでしたが、
今は目覚ましが無くても起きれるように。
自分でもこの効果には結構ビックリ!

夜の寝つきが良くなった
12時近くになると自然と眠なくように。体内時計が整った感じがします。

その他にも・・・
・日中の集中力が持続する(ハイとかではなく、ずっと意識がクリアな感じ)
・イライラすることが劇的に減った
・肌の不調が減った
・ハードなトレーニング後の筋肉痛に効く
・肩こりのつらさが激減した

商品ブランドによって体感に差が大きい!

国内で既に購入ができるものから、アメリカで購入・使用したものなど、
6ブランドの商品を試してみましたが、
ブランドによって効果実感に大きな差がありました。

実際に体感があり、安全性も確かなブランドを厳選して、
Bicleオンラインストアでも年内に商品の取り扱いを予定しております

是非楽しみにしていてください(^^)!


ご意見、ご感想もお待ちしております。
Mail: contact@beauty-nutrition.com