CBD

ネロリドールって?CBDとの相性は?【植物由来のテルペン】

ネロリドールって?CBDとの相性は?【植物由来のテルペン】

テルペンは主に植物に含まれる天然成分で、心身に様々な効果をもたらします。
「ネロリドール」もそのテルペンのうちのひとつで、CBDと一緒に取り入れることで相乗効果を発揮することもわかっています。
今回はネロリドールの効能についてお伝えしていきます。

そもそもテルペンとは?

テルペンとは

テルペンは、大麻草やその他の植物、果物等に含まれ、それらに味や香り、色を与えている天然の成分のことです。

それぞれ独特の香りや苦みを持っており、アロマテラピーや香水などにも使用される身近な成分です。

テルペンとCBDのアントラージュ効果

テルペンは単体でも心身に多くの効果をもたらすことがわかっていますが、CBDと一緒に摂取することで「アントラージュ効果」と呼ばれる相乗効果を発揮することがわかっています。

CBD単体でももちろん効果がありますが、求める効能に合わせてテルペンを組み合わせることで、より体感が得やすくなりおすすめです。

大麻(ヘンプ)にも含まれるテルペン「ネロリドール」とは?

ネロリドールとは

ネロリドールは、大麻草以外でもレモングラス、ジンジャー、ティーツリーなどにも含まれるテルペンの一種で、花や木を連想するようなフローラルな香りを持ちます。

ネロリドールの効果

ネロリドールの主な効果としては、

・抗がん作用
・抗菌作用
・抗酸化作用
・鎮静作用
・抗炎症作用

などがあげられます。
また、ネロリドールは男性ホルモンと似た働きをするともいわれています。

研究では、ネロリドールがパーキンソン病などの神経変性疾患の治療に有効であるという結果も示されつつあります。

Bicleでは、品質にこだわったCBD製品の取り扱いだけでなく、OEM・ODM製造の受託や原料販売のご相談も承っております。
効能に合わせた独自のテルペンのブレンドやフレーバーの調合も可能です。
お気軽にお問い合わせください。