BEAUTY MAGAZINE

CBD

CBDで辛い肩こりを解消!

CBDで辛い肩こりを解消!

多くの日本人が抱える悩みのひとつである「肩こり」。
特にデスクワークをされている方は、同じ姿勢が続いてしまうのでどうしても肩こりになりやすいですよね。
ストレッチやマッサージも良いですが、実はCBDも肩こりに効果があるといわれています。
今回はCBDの肩こりへの効果についてお伝えします。

肩こりの原因

肩こりは筋肉の緊張や血行不良が原因

肩こりは、肩の筋肉が緊張し、硬くなることが原因で
引き起こるといわれています。

肩の周りには様々な筋肉があり、頭や腕を支えています。
特に人の頭は5~6kgあるといわれており、肩の筋肉はその重みを負担し、
緊張し続けている状態です。

筋肉は緊張状態が続くと疲労物質がたまり、硬くなり、
血液の循環を悪くしたり、末梢神経を傷つけたりすることで
こりや痛みの原因となってしまうのです。

日常生活で引き起こされることも

肩こりは、日常生活の中でも

・姿勢の悪さ
・運動不足
・ストレス
・長時間の同じ姿勢での作業(デスクワークなど)
・眼精疲労
・自律神経の乱れ

などが原因になって引き起こされます。

こうしたことが続くと、肩の筋肉が緊張しやすい状態をつくってしまい、
結果として肩こりを招いてしまうことになります。

肩こりがもたらすといわれるその他の症状

肩こりでは、首から肩や背中にかけて、痛みや張りなどの症状が生じます。

ですが、さらに肩こりが続くと、そうした症状に加え

・頭痛
・めまい
・倦怠感
・手足のしびれ

などが生じることもあります。

こうした辛い症状を引き起こさないためにも、
「ただの肩こり」と思わず早めに対処するようにしたいですよね。

CBD(カンナビジオール)とは?

CBDとは?

CBDとは、大麻草に含まれる有効成分のひとつで、美容や健康をはじめ、
てんかんや癌などの様々な疾患にも効果があるとして注目されています。

大麻というとマイナスのイメージを持つ方も多いかもしれませんが、
CBDにはいわゆる「ハイになる」ような精神作用もなく、
日本でも合法的にしようすることができます。

CBDの効能は?

CBDには、主な効果として

・鎮静作用
・抗炎症作用
・抗酸化作用
・ストレス解消
・睡眠の質の向上
・食欲の抑制

などが挙げられます。

また、CBDはエンド・カンナビノイド・システム(ECS)という
人間の身体に本来備わっている身体調節機能に作用することから、
感情、免疫、運動機能など身体の様々な機能に影響を与えるといわれています。

ECSはアナンダミド、2-AGなどの「内因性カンナビの井地尾」と、
「CBD1 」「CB2」などの「カンナビノイド受容体」などから構成され、
CBDはカンナビノイド受容体に間接的に作用することで、
身体に様々な作用をもたらします。

CBDが肩こりに効くといわれている理由

身体に様々な影響をもたらすCBDですが、その効果は肩こりの解消にも役立つといわれています。

①鎮痛作用

皮膚にはカンナビノイド受容体(CB1、CB2受容体)が多く分布していて、
CBDがCB1受容体と結合すると、局所的に吸収されてその部位の炎症を
鎮めたり、痛みを軽減させたりする効果があるとされています。

②筋肉のこりをほぐす

同じようにして、CBDは局所的に使用すると筋肉をほぐす作用も
あるといわれています。

肩こりは肩の筋肉が緊張し、硬くなることが原因になっているので、
CBDによって筋肉が弛緩されることで、肩こりの軽減を導いてくれることが
考えられます。

③自律神経を整える

ストレスが続いたり、身体が冷えたりすると、自律神経のバランスに影響し、
交感神経が活発に働くようになります。

交感神経が活発になると、血管が収縮して血行が悪くなり、
肩こりの原因になるといわれています。

CBDは自律神経のバランスを調節する作用もあるため、
肩こりの予防にも効果的です。

④ストレス解消

ストレスは先ほどお伝えしたように、自律神経の乱れにつながり、
結果として肩こりを引き起こしてしまうこともあります。

CBDにはストレス解消の効果があることがわかっているためCBDで
ストレスケアをすることで、肩こりの対策にも繋がるかもしれません。

CBDは肩こりからくる症状の緩和にも

強い肩こりは、頭痛や吐き気などの症状をもたらすといわれています。

CBDには

・制吐作用
・鎮痛作用

もあり、嘔吐の抑制や片頭痛の緩和にも効果があるといわれています。

CBDのおすすめの使い方

肩に直接塗る

CBDオイルやクリームなどを肩に塗ったりマッサージをしたりすることで、
皮膚から吸収され、筋肉のこわばりや辛い痛みの緩和に効果が
期待できるかもしれません。

舌下に垂らす

CBDオイルを舌の下に垂らし、60~90秒ほど含んでから飲み込むことで、
舌下や口内の毛細血管から血液に取り込まれます。

ストレスを感じたとき、リラックス効果を得たい時などにおすすめです。

飲み物等に入れて飲む

普段の飲み物にCBDオイルを垂らして摂取するのもおすすめです。
経口摂取は効果の持続時間が長く6~8時間続くといわれています。

慢性的にストレスが溜まっているとき、
自律神経の乱れを感じるときなどは経口摂取すると
長い時間効果が得られ、良いかもしれません。

Bicle公式サイトではCBD商品も取り扱っています。
こちらもぜひチェックしてみてくださいね。