CBD

CBDの適切な保管方法は?遮光容器は必須!

CBDの適切な保管方法は?遮光容器は必須!

近年日本でも流行しつつあるCBD(カンナビジオール)製品。
様々なお洒落な製品も見られるようになりましたが、実はCBD製品は、正しく保管しないとその効果が激減してしまう可能性があるということをご存じでしょうか?

CBDは保管方法によって劣化が早まってしまうことも

様々な疾患や健康、美容に良いとして注目を集めている
CBD(カンナビジオール)。

最近では、日本でもCBDオイルやべイプ、化粧品などをはじめ様々な
CBD商品が発売され、身近なものになりつつあります。

一方で、CBDは正しく保管していないと劣化のスピードが早まり、
本来の効果が得られなくなってしまう可能性も!

適切に保管して、できるだけその鮮度を保ち、品質の維持ができるように
心がけましょう。

CBDの適切な保管方法

光に当てない

CBDは光に当たることで分解され、劣化が進んでしまいます。
直射日光のあたらない場所で保管するようにしましょう。

高温を避ける

CBDは熱に弱く、高温下ではその安定性が低下してしまうことが
わかっています。

海外の研究では、4℃の暗所で保存されたCBDオイルと、
22℃の実験室照明下で保存したCBDオイルを比較すると、
22℃の実験室照明下で保存したCBDオイルのCBD含有量が常に低く、
CBDの損失率が高かったことが報告されています。

すぐに使い切らない場合は冷蔵庫などの冷暗所で保管するのがおすすめです。

空気に触れさせない

CBDは空気にふれると酸化し劣化しやすくなってしまいます。
使用後は速やかに、しっかりと蓋を閉めて保存するようにしましょう。

遮光容器を使用していない製品はNG!?

最近では様々なCBD製品が手に入るようになり、特に女性向けの商品は
洗練されたパッケージのものも多く、香水の瓶のような容器を使用している
商品もあります。

そうした商品は一見、お洒落で購買意欲をそそりますが、
中には遮光性がなく、CBDの保管に最適ではない容器のものも。

先ほどお伝えしたように、CBDは光によって分解されやすく、
光にさらされている状態では劣化が進んでしまうので、
遮光容器であることはCBDの品質を保つ上では必須です。
容器に遮光性がない製品の場合、店頭に並べられ購入したころには
もうすでに劣化しているという可能性も十分に考えられます。

そのため、製品を選ぶ際はできるだけ遮光容器など、パッケージからも
CBDの品質を配慮している製品を選ぶのがおすすめです!

せっかく購入したのに体感を得られなかった・・・ということにならないために
も、高品質の製品を選び、正しい方法で保管できるようにしましょう。