CBD

CBDとTHCの違いは?

CBDとTHCの違いは?

THC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)はどちらも大麻草に含まれるカンナビノイドで、私たちの身体に様々な効果をもたらします。
しかし、日本ではCBDは合法的に使用できるものの、THCは禁止されています。
今回はCBDとTHCの違いについてお伝えします。

CBDとは

大麻草に含まれる薬理成分の一種で、様々な疾患や健康、
美容に効果があるとして注目を集めています。
CBDには精神作用がなく、日本でも合法的に使用することができます。

THCとは

THCもCBDと同様に大麻草に含まれる薬理成分の一種ですが、
精神作用があり、いわゆる「ハイになる」効果をもたらします。
日本では法律で厳しく規制されており、使用することができません。

どちらもエンド・カンナビノイド・システムに作用する

出典:日本カンナビノイド学会

ECSは人間に本来備わっている身体調節機能で、免疫、感情、運動機能など、
多くの身体機能に影響を与えています。

ECSは「アナンダミド」「2-AG」などの内因性カンナビノイドと、
「CB1」「CB2」などのカンナビノイド受容体などから構成され、
内因性カンナビノイドが受容体と相互作用することで身体の調節機能を
担っています。

CBDとTHCは、内因性カンナビノイドのように受容体に作用することで
身体に影響を与えていますが、その方法に違いがあります。

<THC>

THCはCB1,CB2受容体の両方と直接結合し、神経伝達を刺激、促進します。
またTHCはCB1受容体に対してより高い親和性をもつ傾向があります。

<CBD>

CBDは2つのカンナビノイド受容体にほとんど結合親和性がなく、
拮抗薬(作用を遮断する)として作用するといわれています。

THCと同時に使用することでTHCの精神作用を抑制する可能性が
あると考えられています。

CBDとTHCの違い

効果・精神作用

CBDとTHCは異なる方法で身体に作用するため、
効果もまた異なります。

<CBDの効果>

CBDの主な効果としては

・抗炎症作用
・鎮痛作用
・抗菌作用
・鎮静作用
・睡眠の質の向上
・精神の安定

などがあげられ、使用した人のなかでは
「リラックス感を感じた」「集中力が高まった」などと感じる人が
多くいるといわれています。

<THCの効果>

THCには

・ストレスやうつの軽減
・食欲増進
・鎮痛作用
・神経保護作用
・抗炎症作用

などがあげられ、一部の国では医療に使用され始めています。

しかし、CBDとの大きな違いはネガティブな効果として

・陶酔感
・めまい
・時間の感覚がゆがむ
・運動機能の障害

などがあり、大麻が「危険である」ととらえられる要因となっています。

法的地位の違い

日本では大麻の使用が「大麻取締法」で厳しく制限されており、
THCやTHCを含む製品の使用は違法となります。

一方で、CBDは日本でも合法的に使用することが可能です。
ただし、

・THCが含まれていないこと

成熟した茎・種子から抽出されていること(根や葉、穂から抽出された大麻製品はNG)

という条件があるため、注意が必要です。

CBDとTHCの相互作用

CBD、THCそれぞれでも多くの効果をもたらしますが、
同時に使用することで相乗効果をもたらす可能性もあります。

研究では、THCがCBDの作用を増強させることや、
CBDがTHCの副作用を相殺する可能性があることが示されています。

日本ではTHCが含有された製品を使用することはできませんが、
THCフリーのCBD製品が広まりつつあり、注目を集めています。

身体の不調をはじめ、健康や美容にも期待できる効果が多くあると
いわれているため、気になる症状がある方は改善を実感できるかもしれません。