CBD

CBGがEU化粧品データベースで安全承認を取得

CBGがEU化粧品データベースで安全承認を取得

「ストレス解消」「睡眠」などといった効能で日本でも注目を集めているCBDですが、CBDは肌にも良い影響を与えることが分かっており最近ではCBD入りの化粧品も増えてきています。
そんな中、CBDと同様に大麻由来のマイナーカンナビノイドである「CBG」が、EUの化粧品データベースに登録され、健康・美容の使用に安全な化合物であることが認められました。

そもそもCBG(カンナビゲロール)とは?

CBGとは

CBGはCBDと同様、大麻草に含まれる有効成分「カンナビノイド」の一種。

CBGにもいわゆる「ハイになる」ような精神作用や依存性もなく、日本でも合法的に使用することができます。

CBGはCBDやTHCの前駆体で、成熟していくにつれCBD・THCに変換されていくため成熟後の大麻草には約1%程度しか含まれない希少なカンナビノイドです。

そのためCBG単体での製品はあまりありませんが、「フルスペクトラム(※THCが含まれるため日本では違法)」「ブロードスペクトラム」などのCBD製品に含まれています。

CBGの効果

CBGの主な効果としては

・抗菌作用
・抗炎症作用
・神経保護作用
・鎮痛作用
・抗がん作用

などがあげられます。

これまでの研究では、CBGが骨成長や形成を促進することや、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)に有効であること、ハンチントン病に対する有効性などが示されつつあります。

CBGは肌に良い?

CBGは、塗布することで肌にあるCB1受容体、CB2受容体に働きかけ、様々な効果を発揮すると考えられています。

特にCBGのもつ

・抗炎症作用
・抗菌作用
・抗酸化作用

は、肌の老化や炎症の改善に良い効果をもたらすことが期待できます。

過去の研究では、CBGがケラチノサイトの増殖を抑制することから乾癬の治療に役立つことが示唆されています。

また、CBGには皮脂合成を増加させる働きや、皮膚のバランスを保つのにも有効であるとされており、乾燥肌の保湿も期待できます。

CBGがEU’s Cosmetic ingredient database(Cosing)で安全承認を取得

EUでは、「カンナビゲロール(CBG)」を化粧品データベース(EU’s Cosmetic ingredient database=Cosing)に追加し、CBGが健康・美容の使用に安全な化合物であることを承認しました。

2月にCBDが抗皮脂、酸化防止、皮膚コンディショニング剤などの効果をもって登録加されており、追ってCBGも追加された形となりました。

日本の化粧品の原料データベースにおいても、「カンナビジオール(CBD)」のみが抗アクネ剤、酸化防止剤、皮膚コンディショニング剤などといった配合目的で登録されています。

今後認識が広がれば、日本でもCBG含有のスキンケア商品が増えていくかもしれませんね。


いかがでしたか?

Bicleでは、
・高品質のブロードスペクトラム原料を使用(CBN、CBG配合)
・THCフリー(ISO取得の第三者機関にてLOD:0.0001%基準にてTHC検査を実施)
・独自のテルペン配合
・天然由来の成分のみを使用(着色料、合成香料、甘味料不使用)

など、品質にこだわって開発したCBD製品を絶賛発売中です。

また、CBD製品のOEM・ODMや原料販売のご相談も承っております。
お気軽にお問い合わせください!

Bicle(ビクル)では、

  • 医師
  • 管理栄養士
  • 薬学修士
  • スポーツ栄養学の修士
  • 機能性食品や健康美容商品の企画開発・研究者

などの専門性を有するメンバーによって商品の企画・開発、記事の執筆等を行っています。