CBD

CBC(カンナビクロメン)とはーCBDとの違いは?【ヘンプ由来のカンナビノイド】

CBC(カンナビクロメン)とはーCBDとの違いは?【ヘンプ由来のカンナビノイド】

近年日本でも注目を集めつつある「CBD(カンナビジオール)」は、ヘンプから抽出される「カンナビノイド」とよばれる有効成分です。
実は、このカンナビノイドはCBDを含め150種類もあるといわれており、これらが組み合わせられることで「アントラージュ効果」と呼ばれる相乗効果を生み出すのです。
今回はそのカンナビノイドのひとつ、「CBC(カンナビクロメン)」についてお伝えしていきます。

CBC(カンナビクロメン)とは

そもそもカンナビノイドとは?

カンナビノイドとは、ヘンプに含まれる有効成分のことで、THCやCBD、CBNなどをはじめ、150種類あるといわれています。

ヘンプには、テルペン類、フェノール類、フラボノイド類など500種類以上の化合物が含まれており、カンナビノイドはそのうちのひとつなのです。

数多くあるカンナビノイド類はそれぞれ異なる特性をもち、組み合わせることで相乗効果を生み出すことがわかっています。

カンナビノイドが心身にもたらす効果は多岐に及び、数々の疾患にも効果をもたらすとして世界中で研究が進められています。

CBC(カンナビクロメン)とは

CBC(カンナビクロメン)も、ヘンプ由来の「カンナビノイド」のひとつ。

メジャーなカンナビノイドであるCBDやTHCと比較すると知名度はまだまだ低いですが、CBCにも様々な疾患の治療に有望であると考えられています。

CBCは、THCやCBDと同様にCBGA(カンナビゲロール酸)を前駆体として持ち、熱や紫外線などにさらされることにより最終的にCBCへと分解されます。

CBCには、THCのように「ハイになる」ような精神作用はありません。

CBCの効果は?【海外の研究】

海外では行われている研究では、CBCのもつ作用が疾患に対し有望である可能性が示されつつあります。

抗癌作用

研究では、複数のカンナビノイド類のなかでCBCはCBDについで高い抗癌作用をもつことが示され、乳がんの癌細胞の増殖を抑えたという結果が示されています。

抗菌作用

CBCには抗菌作用があることも分かっており、グラム陽性菌、グラム陰性菌、および抗酸菌対する効果が評価されています。

研究では「抗菌作用が高く、抗真菌作用は軽~中程度」とされています。

抗鬱作用

CBDがうつ病に効果をもたらすのと同様に、CBCにも不安やうつを改善する効果があることが研究で示されています。

にきび治療

研究から、CBCを含むカンナビノイド類がにきびの原因となる過剰な皮脂の生成を抑制することがわかっています。

特にCBCはにきびやアトピーなどといった皮膚疾患の原因となる「アラキドン酸」による脂質合成を抑え、抗炎症作用もあることから、効率的なにきび治療薬としての可能性が示されています。

脳細胞への効果

2013年に行われたマウス実験では、CBCが神経幹前駆細胞(NSPC)の生存にプラスの影響を与えることが示されました。

NSPCは脳機能の維持においてとても重要な役割を果たしており、CBCがアルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患や脳の健康に効果をもたらす可能性が期待されています。

抗炎症作用

CBCには抗炎症作用があり、THCと組み合わせることでさらに高い効果が得られることがわかっています。

研究ではその抗炎症作用により、マウスの大腸炎を改善したという結果も出ています。

CBCはCBDやTHCと比較するとまだまだマイナーなカンナビノイドのため、単体での使用はあまりありません。

今後研究が進めば、様々な疾患の治療として活躍する日がくるかもしれませんね。

参考

The effect of cannabichromene on adult neural stem/progenitor cells
Differential effectiveness of selected non-psychotropic phytocannabinoids on human sebocyte functions implicates their introduction in dry/seborrhoeic skin and acne treatment

Pharmacological Evaluation of the Natural Constituent of Cannabis Sativa, Cannabichromene and its Modulation by Δ9-Tetrahydrocannabinol*
Antitumor Activity of Plant Cannabinoids with Emphasis on the Effect of Cannabidiol on Human Breast Carcinoma
The cannabinoid TRPA1 agonist cannabichromene inhibits nitric oxide production in macrophages and ameliorates murine colitis
Biological activity of cannabichromene, its homologs and isomers
Antidepressant-like effect of delta9-tetrahydrocannabinol and other cannabinoids isolated from Cannabis sativa L
Non-psychoactive cannabinoids modulate the descending pathway of antinociception in anaesthetized rats through several mechanisms of action

Bicleでは、
・高品質のブロードスペクトラム原料を使用(CBN、CBG配合)
・THCフリー(ISO取得の第三者機関にてLOD:0.0001%基準にてTHC検査を実施)
・独自のテルペン配合
・天然由来の成分のみを使用(着色料、合成香料、甘味料不使用)

など、品質にこだわって開発したCBD製品をお取り扱いしています。

また、CBD製品のOEM・ODM、原料販売のご相談も承っております。
独自のテルペンブレンドやフレーバーの調整も可能です。
お気軽にお問合せください。

BicleCBD商品

Bicle(ビクル)では、

  • 医師
  • 管理栄養士
  • 薬学修士
  • スポーツ栄養学の修士
  • 機能性食品や健康美容商品の企画開発・研究者

などの専門性を有するメンバーによって商品の企画・開発、記事の執筆等を行っています。