CBD

CBDで寿命が延びる!?【海外の研究】

CBDで寿命が延びる!?【海外の研究】

数々の疾患や美容、健康に良いとして世界中で注目を集め,
臨床研究が進められているCBD(カンナビジオール)。
近年行われた研究では、CBDが線虫の寿命を最大20%近く増加させたという結果が報告されています。

CBDとは

CBDとは、大麻草に含まれる「カンナビノイド」とよばれる有効成分のひとつ。

CBDのもつ効能により数々の疾患や健康、美容に効果をもたらすとして世界中で注目を集めている成分です。

CBDの効能

CBDの主な効能としては、

・抗酸化作用
・抗炎症作用
・抗菌作用
・鎮痛作用
・鎮静作用
・睡眠の質の向上

などが挙げられます。

また、CBDは「エンド・カンナビノイド・システム(ECS)」とよばれる人間の身体に本来備わっている身体調節機能に働きかけます。

出典:日本カンナビノイド学会

ECSは、免疫、記憶、感情、痛み、認知、運動機能など、心身のあらゆる機能を司っている重要な機能で、この働きが上手くいかないと病気や不調の原因に繋がってしまうのです。

ところが、現代人は生活習慣や老化、ストレスなどでこの働きが弱まる、「カンナビノイド欠乏症」に陥っている人が多いといわれています。

そのため、CBDを摂取してECSの働きを取り戻すことで、心身の不調や疾患の予防にも効果をもたらすことが期待できます。

CBDが効果をもたらすとされている疾患

CBDが効果をもたらすとされている疾患としては、

・癌
・線維筋痛症
・アルツハイマー病
・皮膚炎
・ニキビ
・統合失調症
・うつ病
・不眠症
・骨粗しょう症
・薬物依存

などが挙げられ、研究がすすめられています。

また、日常生活においてもストレスの解消や朝の目覚めが良くなる、集中力の向上などといった効果が期待できますよ。

そんなCBDですが、近年の研究で長期的なCBDの摂取が、寿命を延ばす可能性があることが示されたのです。

CBDで寿命が20%近く増加!?【海外の研究】

海外では、線虫(C. elegans)におけるCBDの毒性と寿命への影響を調査する研究が行われました。

線虫(C. elegans)は、成虫でも1mm、体細胞は1,000 個ほどのとても小さい虫ですが、神経系、消化器、生殖器などの基本的な組織や器官を備えており、ヒト遺伝子の60~80%を共通して持っていることから、老化研究のための実験に用いられます。

この研究では、適切な量のCBDを与えられた線虫において、平均寿命を最大18.3%増加させ、さらに後期の生活活動が200%増加させたという結果が示されました。

また、人間における低~中用量にあたる量の長期摂取においても、加齢における活動の低下を効果的に弱めたという結果も報告されています。

この結果によって、CBDが人の平均寿命をも延ばす、と言うことはできませんが、老化の抑止に対する可能性があるかもしれません。

参考

いかがでしたか?

Bicleでは、
・高品質のブロードスペクトラム原料を使用(CBN、CBG配合)
・THCフリー(ISO取得の第三者機関にてLOD:0.0001%基準にてTHC検査を実施)
・独自のテルペン配合
・天然由来の成分のみを使用(着色料、合成香料、甘味料不使用)

など、品質にこだわって開発したCBD製品を絶賛発売中です。

また、CBD製品のOEM・ODMや原料販売のご相談も承っております。
お気軽にお問い合わせください!

Bicle(ビクル)では、

  • 医師
  • 管理栄養士
  • 薬学修士
  • スポーツ栄養学の修士
  • 機能性食品や健康美容商品の企画開発・研究者

などの専門性を有するメンバーによって商品の企画・開発、記事の執筆等を行っています。