CBD

必須脂肪酸がCBDの効果を高める?ECSとの関係も

必須脂肪酸がCBDの効果を高める?ECSとの関係も

健康食品やサプリなどで、「オメガ3系脂肪酸」「オメガ6系脂肪酸」などといったワードを耳にしたことがある方も少なくないのではないでしょうか?
これらは「必須脂肪酸」と呼ばれ、体内で合成することのできない脂肪酸なので食事から意図的に摂取してあげる必要があります。
そんな必須脂肪酸ですが、実はCBDの効果とも深い関係があることがわかってきているのです。

必須脂肪酸とは

脂肪酸の中には体内で合成できるものとできないものがあり、合成できない脂肪酸を「必須脂肪酸」といいます。

この「必須脂肪酸」は、「オメガ3系脂肪酸」「オメガ6系脂肪酸」の2種類に分けられ、いずれも体内でつくることができないため、食べ物から摂取する必要があります。

<オメガ3系脂肪酸が多く含まれる食べ物>
・魚油(ブリ、サバ、さんまなどの青魚)
・くるみ
・アマニ油
・えごま

など

<オメガ6系脂肪酸が多く含まれる食べ物>
・卵黄
・レバー
・牛・豚肉

など

CBD(カンナビジオール)とは

CBDとは

CBDは大麻草に含まれる有効成分の一種で、数々の疾患や健康・美容に良いとして世界中で注目を集めている成分です。

大麻のイメージでよくある「ハイになる」ような精神作用や依存性などもなく、日本でも合法的に使用することが認められています。

CBDの効果

CBDの効果としては、
・抗炎症作用
・抗菌作用
・抗うつ作用
・鎮痛作用
・鎮静作用
・睡眠の質の向上

などが挙げられ、ガンやてんかん、アルツハイマー病、うつ病など様々な疾患に対する研究も進められています。

CBDがエンド・カンナビノイド・システム(ECS)を整える

出典:日本カンナビノイド学会

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)は、人間の身体に本来備わっている身体調節機能で、「内因性カンナビノイド(2-AG、アナンダミドなど)」、「カンナビノイド受容体(CB1、CB2)」、その他の代謝酵素などで構成される複雑なネットワークです。

ECSは免疫、感情、痛み、記憶、運動機能など、心身のあらゆる機能を調節する重要なシステムで、この働きが弱まると様々な疾患の原因にもなりうると考えられています。

ところが、現代人は老化やストレス、生活習慣が原因で、ECSが弱まっている「カンナビノイド欠乏症」に陥っている人が多いといわれているのです。

この状態では心身の不調をきたしやすくなってしまいます。

そこで活躍するのがCBD。

CBDは、体内でカンナビノイドとして働き、乱れたECSのバランスを整える作用があるのです。

日常生活で、夜にぐっすり眠れない、ストレスが溜まりがち、イライラしてしまうなどといった悩みがある方は、CBDの効果を感じやすいかもしれません。

必須脂肪酸がCBDの効果に影響する

必須脂肪酸が不足するとECSのバランスが崩れる!

先ほどECSの重要性についてお伝えしましたが、実は必須脂肪酸は体内でつくられるカンナビノイド「内因性カンナビノイド」の原料で、例えばオメガ6系脂肪酸は「2-AG」「アナンダミド」、オメガ3系脂肪酸は「DHEA」「EPEA」のもととなっています。

つまり、必須脂肪酸の摂取量がECSに少なからず影響を与えるということです。

海外の研究では、食事から摂るオメガ3系脂肪酸の不足がCB1受容体の機能を阻害し、感情的な行動に悪影響を与えることが示されています。

オメガ3系脂肪酸がCBDの効果を高めた【海外の研究】

2021年に行われた研究ではマウスの腸の炎症における、必須脂肪酸(オメガ3系脂肪酸)が豊富な魚油と、CBD、CBG(カンナビゲロール)の効果について調査が行われました。

結果、単体ではCBGのみが腸の炎症を改善させました。

ところが、魚油を組み合わせることでCBDも効果があげられたのです。

さらに魚油、CBD、CBGすべてを組み合わせた場合、腸に対する抗炎症作用を発揮したと報告されています。

この研究から、オメガ3系脂肪酸をCBDなどのカンナビノイドを組み合わせることにより、腸の炎症に対し相乗効果をあげることができる可能性が示されました。

必須脂肪酸のバランスも重要

このようにECSやCBDにも影響を与える必須脂肪酸ですが、「オメガ3系脂肪酸」と「オメガ6系脂肪酸」の摂取バランスもECS影響を与えるといわれており、このバランスが恐怖体験によって形成される記憶の強さをコントロールする(恐怖記憶を抑制する)ことがわかってきています。

WHOや厚生労働省ではこれらのバランスが、オメガ6:オメガ3=3:1の比率であることが理想であるとしており、数あるオイルの中でも「ヘンプオイル」がちょうどこの比率になっているのです。

CBDの摂取によってもECSを整えることはもちろん可能ですが、ヘンプオイルのようにバランスよく必須脂肪酸を含むオイルや魚油(青魚など)を意識的に摂取することでさらにECSを整えたり、相乗効果を生み出すことも期待できそうです。

参考

いかがでしたか?

Bicleでは、
・高品質のブロードスペクトラム原料を使用(CBN、CBG配合)
・THCフリー(ISO取得の第三者機関にてLOD:0.0001%基準にてTHC検査を実施)
・独自のテルペン配合
・天然由来の成分のみを使用(着色料、合成香料、甘味料不使用)

など、品質にこだわって開発したCBD製品を絶賛発売中です。

また、CBD製品のOEM・ODMや原料販売のご相談も承っております。
お気軽にお問い合わせください!

Bicle(ビクル)では、

  • 医師
  • 管理栄養士
  • 薬学修士
  • スポーツ栄養学の修士
  • 機能性食品や健康美容商品の企画開発・研究者

などの専門性を有するメンバーによって商品の企画・開発、記事の執筆等を行っています。