BEAUTY MAGAZINE

CBD

PMS(月経前症候群)には【CBD】がおすすめ!効果や使い方は?

PMS(月経前症候群)には【CBD】がおすすめ!効果や使い方は?

毎月必ずやってくる、生理痛やイライラなど…。辛いPMSに悩まれている方は多いのではないでしょうか?
妊娠や出産を期に酷くなるなる方や年々症状が酷くなる方も多いそう。このPMSの緩和に効果があるとして期待されているのが「CBD」という大麻草から抽出される成分です。今回は生理前に起こるPMS症状とCBDの効果についてご紹介していきます!

PMSとは?

PMS:月経前症候群(premenstrual syndrome)
生理が始まる3〜10日前に、心やカラダに起こる様々な不調を指します。

なんだかわからないけどイライラしたり、食欲が増したりして
調べてみたらもうすぐ生理だった!ってことよくありますよね。
これらの心身的な不調は、生理が始まると楽になるのもPMSの特徴です。

PMSの主な症状

  • イライラする
  • 感情のコントロールが難しくなる
  • マイナス思考になる
  • やる気が起きない
  • だるい
  • 眠くなる
  • 疲れやすい
  • カラダがむくむ
  • 食欲が増す
  • お腹の張り
  • 便秘
  • 肌荒れ 
  • 頭痛 etc…

※症状もその方の生活習慣や精神状態によって個人差があります。

PMSの原因は?

ホルモンバランスの変動

女性は排卵〜月経までの時期にプロゲステロン(黄体ホルモン)が、
月経直後から排卵期までの時期にエストロゲン(卵胞ホルモン)
多く分泌されます。
どちらかが多く分泌される時期は、もう片方の分泌量は減ります。

この2つのホルモンが、切り替わることや、プロゲステロン(黄体ホルモン)が
多く分泌される月経前にPMSは起こります。
この時期は、女性が母親として、子どもを守ろうと働く態勢になるので、
脳内のホルモンも敏感な時期。
ちょっとしたストレスによって、イライラしたり不安定になったりする。
これがPMSです。

プロゲステロン(黄体ホルモン)は妊娠をサポートするホルモン
子宮内膜を柔らかくしたり、妊婦さんが安静にしていられるように
眠気を引き起こしたり、水分や栄養を溜め込むなど、
妊娠環境を整えるための働きをします。

この生理的作用により、生理前は心身ともに不調になりやすいと
いわれています。

ストレス

女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部からの司令です。視床下部は、
自律神経の中枢でもあります。
疲れやストレス、食生活などで自律神経が乱れていると、
女性ホルモンにも影響を及ぼし、PMSを悪化させる一因になります。

ストレスを溜め込まないために、自分なりのリラックス法を見つけたり
睡眠の質を上げるなどの休息が大切です。

とはいえ、仕事が忙しかったり、育児に追われなかなか自分の時間が
持てない方も多いと思いますし、その分カラダにかかるストレスも
大きいのではないかと
思います。

こうした生活環境の中、食事やサプリメントで症状を緩和できるケースも
ありますので、専門機関で相談してみるのもいいでしょう。

また、つらいPMS症状の緩和にも注目を浴びているのが、
世界で様々な臨床のあるCBD(カンナビオール)の活用です!

CBDとは?

CBD(カンナビオール)は、大麻草に含まれる数ある成分の一つで
精神作用を持たない(ハイにならない)化合物として最も多く大麻草や
ヘンプに含まれている成分です。

現在も様々な研究や臨床試験が行われており、WHO(世界保健機構)も
CBDの有用性を高く評価しており、医療の現場で治療薬として導入されている
国もあります。

CBDがPMSに効果的な理由

人間のカラダには、身体調整機能=ECS(エンド・カンナビノイド・システム)
が備わっていて、脳と各臓器を結びつける働きがあります。
肉体的、感情的ストレスを受けたときに
体内のバランスを取り戻し、健康状態を調整してくれる機能です。

CBDはこの機能に働きかけ、自律神経やホルモンバランスの調整
ストレス緩和や睡眠の質向上など、PMSを引き起こすとされる要因の抑制に
効果的とされる研究が進んでいます。

CBD商品を選ぶ際のポイント

CBD商品は、大麻草に含まれる数百種類のカンナビノイド成分から
CBD成分だけを抽出した「アイソレート」と、CBD以外の成分(THCなど)も
含んで抽出した「フルスペクトラム」があり、フルスペクトラムはCBDと
他成分の相乗効果「アントラージュ効果」が働き、
より大きな効果が得られるのではといわれています。

日本ではCBDは合法ですが、THCというハイになる成分は違法なので
商品を選ぶ際には、違法成分が入っていないか注意しましょう。

CBDにも色んな商品の種類がある

CBDの成分を含む商品は、ティンクチャーと呼ばれるオイルタイプのものから
キャンディーやグミ、バーム基礎化粧品など様々な種類が販売されています。

私たちがもつESC(エンド・カンナビノイド・システム)が
人によって違うように、CBDは全ての人に同じような効果があるわけではなく、
飲み方や飲む量も人それぞれです。

まずは、どのような効果を得たいのかを考えて、
ご自分のカラダに合ったCBDの摂り方を調整していきましょう!

おすすめのCBD商品

CBDオイル(ティンクチャ―)

オイルを舌下に垂らし60秒ほど口に含んで飲み込みます。
効果の持続時間が6〜8時間と長く、手軽に摂取できるのでCBD初心者の方にもおすすめです!

ベイプ(気化吸入)

CBDを気化させ、蒸気を肺に吸い込むタイプです。
効果を実感するのがオイルタイプに比べて早く、
タバコのような匂いもなく場所を選ばずに使用できるのもポイントです。

まとめ

当サイトでもCBD製品を厳選して販売していますので、
ぜひオイルタイプのティンクチャ―やグミなど、試してみてください。


【監修】豊原悠里

管理栄養士/予防医学指導士
大手化粧品会社にてインナービューティーのカウンセリング、トレーナーを経て、精神科クリニックで管理栄養士・代替医療カウンセラーに従事。発達の問題やメンタルケアを中心に予防医学、栄養療法のコラムやセミナー、執筆サポートをてがける。