肌の老化対策に!CBDが紫外線ダメージから肌を保護する

肌の老化対策に!CBDが紫外線ダメージから肌を保護する

日常生活を送るうえで、完全に避けきることのできない「紫外線」。
紫外線はきちんと対策していないと、日焼けだけでなく肌の老化や、皮膚がんの原因にもなるといわれており、きちんとした対策が必要です。
海外の研究では、CBDが紫外線による刺激から肌を保護する効果があることがわかっています。
今回はCBDが紫外線ダメージに与える作用について、お伝えしていきます。

紫外線が肌に与える影響

「肌の大敵」というイメージの強い紫外線ですが、
実は紫外線には「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3つの種類があります。

このなかでも、主に肌に悪影響を与えているのが「UV-A」「UV-B」の2つ。

肌を黒くする「UV-A」

太陽光を浴びているとき、浴びた直後に肌がうっすらと黒くなるのが
「UV-A」の影響です。
肌の奥深くの真皮まで届き、紫外線対策を怠って長期的に浴びていると
シワ・たるみの原因になります。

肌の炎症を起こす「UV-B」

太陽光を浴びた後に肌が赤くなったりヒリヒリと痛みを感じたりするのが
「UV-B」の影響です。

肌の表面の表皮細胞を傷つけ乾燥や炎症を起こします。
メラニンを増加させ、しみやそばかすの原因になったり、くすみやごわつきを招いたりと肌に悪影響を与えてしまいます。

紫外線対策を怠っているとどうなる?

どれだけスキンケアを一生懸命やっていても、紫外線対策がしっかり
できていないと美白や透明感が失われていくのはもちろんのこと、
シワ、しみ、たるみなど老化の原因になってしまいます。

また、過度な紫外線を受け続けることは「皮膚がん」の原因にも。

屋外での紫外線対策はもちろんのころ、窓から室内に入ってくる紫外線にも
対策をほどこすのがベストです。

しかし、紫外線は温暖化によって年々つよくなってきていています。
日焼け止めは、午前中と午後でこまめに塗り直さないといけないとも
言われてきていますね。
紫外線対策は、UVAやUVBを肌内部に入れない対策と、
肌細胞を整えるケアを同時にすることが、とても大切です。

CBDとは

CBDとは

CBDはヘンプに含まれる有効成分で、その摂取により数多くの疾患や健康、
美容に効果があるとして世界中で注目されています。

CBDには大麻のイメージに強い「ハイになる」ような精神作用や、依存性、
副作用もないといわれており、安心してしようすることができます。

CBDの効果

CBDの効果としては、

・抗炎症作用
・抗菌作用
・リラックス作用
・鎮痛作用
・睡眠の質の向上

などがあげられ、非常に多くの効果が期待できます。

CBDは「エンド・カンナビノイド・システム(ECS)」という、
人間の身体に本来備わっている身体調節機能を整えることで、
免疫、感情、運動機能、痛みなどあらゆる身体機能に影響を与えると
いわれています。

日々の生活で何か不調がある方は、CBDが不調の改善の手助けをしてくれるかも
しれません。

CBDが紫外線ダメージから肌を守る?

紫外線による損傷からくる皮膚の反応を和らげる

肌は、常にターンオーバー(肌再生)をくり返していますが、
紫外線などによる損傷が多くなると、
傷を修復できないまま肌再生が進んでしまい、
敏感肌や皮膚炎の原因になってしまいます。

CBDを皮膚に塗布すると、皮膚近くに存在している受容体と相互作用する
ことで、ECSを刺激します。これにより、肌を正常に保とうとする
肌本来の力が整い、紫外線による肌の炎症をやわらげ、
ターンオーバーを正常に整えることが期待されています。

こうした紫外線による損傷から肌を守る本来の力が高まることで
皮膚がんの予防にも役立つといわれています。

紫外線とCBDにおける海外の研究

海外の研究では、紫外線照射後、CBDを使用した場合の皮膚細胞の変化
についての研究が行われています。

この研究では、

・紫外線照射後に誘発されるコラーゲンの分解をCBDによる刺激が防止した
・CBDの抗炎症作用が、紫外線による損傷から細胞を保護した
・CBDが紫外線によって加速する脂質過酸化反応(※しわやたるみの原因となる)をを防止した

などの結果が出ており、CBDが紫外線による刺激から肌を守る効果があることが
報告されています。

海外ではCBD入りの日焼け止めなど、CBDを使用した紫外線対策製品も
販売されています。

普段の日焼け止めと一緒にCBDを塗ったり、外出後のアフターケアとして
取り入れるなどで、紫外線による肌のダメージを防ぐことができるかも
しれませんね。

紫外線だけじゃない!CBDはニキビ対策や肌のアンチエイジングにも◎

CBDは紫外線対策だけでなく、ニキビなどの肌荒れの治療や、アンチエイジング
などにも効果的であるといわれています。

特にニキビに関しては、ニキビの原因となる「アクネ菌」に対する抗菌作用や、
皮脂の分泌を抑制するなど、肌トラブルの改善が期待できます。

CBDの効果で、ワンランク上の美肌に一歩近づくことができるかもしれません。
肌は、体の中を映し出す鏡だとも言われています。
肌トラブルを普段から抱えている方は、是非、試してみてくださいね。

CBDのよくある質問

Q. CBDは何に効きますか?

A.CBDが効果をもたらす疾患は250以上ともいわれており、その効果は多岐に渡ります。
日常生活で多く感じられるのは、ぐっすり眠れるようになり目覚めがよくなる、イライラしなくなった、不安感が減った、集中力が上がった、筋肉痛や腰痛が緩和された、などの効果です。

また、皮脂を調節する効果や抗酸化作用から美肌効果、ニキビ治療などにも有効であると考えられています。

Q.CBDは安全?副作用は?

A. CBDには、副作用や依存性がなく、安全に摂取可能であることがWHO(世界保健機関)で認められており、日本の使用も合法とされています。
ただし、過剰に摂取するとCBDの効果により眠気を引き起こしたり、腹痛を起こしたりする場合があります。

まずは少量から、体調に合わせて摂取するようにしましょう。A.

Bicleでは、
・高品質のブロードスペクトラム原料を使用(CBN、CBG配合)
・THCフリー(ISO取得の第三者機関にてLOD:0.0001%基準にてTHC検査を実施)
・独自のテルペン配合
・天然由来の成分のみを使用(着色料、合成香料、甘味料不使用)

など、品質にこだわって開発したCBD製品を絶賛発売中です!

また、CBD製品のOEM・ODMや原料販売のご相談もお受けしております。
独自のテルペンブレンドやフレーバーの調整も可能です。
お気軽にお問い合わせください。


【監修】豊原悠里

管理栄養士/予防医学指導士
大手化粧品会社にてインナービューティーのカウンセリング、トレーナーを経て、精神科クリニックで管理栄養士・代替医療カウンセラーに従事。発達の問題やメンタルケアを中心に予防医学、栄養療法のコラムやセミナー、執筆サポートをてがける。

Bicle(ビクル)では、

  • 医師
  • 管理栄養士
  • 薬学修士
  • スポーツ栄養学の修士
  • 機能性食品や健康美容商品の企画開発・研究者

などの専門性を有するメンバーによって商品の企画・開発、記事の執筆等を行っています。