CBD

CBDの運転前の摂取は危険!?

CBDの運転前の摂取は危険!?

近年、日本でも注目を集めているCBD(カンナビジオール)。
不眠の解消や、リラックス効果があることでも知られていますが、「運転前」に摂取してよいのか気になる方も。今回は海外で行われたCBDと運転能力の関係性についてご紹介していきます。

そもそもCBD(カンナビジオール)とは

CBDとは

CBDは、大麻草に含まれる有効成分「カンナビノイド」の一種。
CBDのもつ効果は幅広く、数々の疾患や健康・美容に良いとして世界中で注目を集めている成分です。
近年では、日本でもCBDオイルやべイプ(電子タバコ)、基礎化粧品などといった商品がブームになりつつあります。

CBDの効果

CBDの主な効果としては、

・抗炎症作用
・抗菌作用
・抗うつ作用
・鎮静作用
・鎮痛作用
・睡眠の質の向上

などが挙げられます。

これらのCBDの作用から、海外の研究では

・うつ病
・ガン
・アルツハイマー
・自閉症
・糖尿病
・アトピー
・ニキビ
・リウマチ
・喘息
・骨粗しょう症

などといった疾患に対する効果も示されつつあります。

日常生活では、朝の目覚めが良くなった、イライラしづらくなった、気分が安定する、などといった効果を感じる人もいるようです。

CBDは日本でも合法?

「大麻草由来の成分」ときくと、危険な印象をもつ方も少なくないですよね。

しかし、CBDには大麻のイメージにある「ハイになる」ような精神作用や依存性、大きな副作用などもないとされています。
また、CBDは日本での使用も認められているため、安心して使用することができます。

一方で注意したいのが、同じく大麻由来の成分である「THC(テトラヒドロカンナビノール)」。
一部の海外の国では使用が認められていますが、日本での使用は違法です。

なかには”THCフリー”を謳っているCBD商品の中でも後々検査にかかるとTHCが検出されてしまった、というケースも。
CBD商品を選ぶ際には、必ず「COA」(第三者の検査機関における分析証明)が開示された信頼できる商品を選ぶようにすると良いでしょう。

CBDは運転能力に影響を与える?【海外の研究】

CBDとTHCを摂取した後の運転能力

オランダで行われた研究では、平均23歳の健康な男女26名が

・13.75mgのTHC
・13.75mgのTHC/CBD
・13.75mgのCBD
・プラセボ(どちらも摂取しない)

の4つのいずれかを気化摂取した後、運転能力にどのような変化が見られるかが観察されました。

ここでは走行中のSDLP(低速走行中に側線に沿って運転した際の車体の側線からのずれの標準偏差)が測定され、

・THC
・THC/CBD

の摂取後40~100分の被験者のSDLPに、プラセボと比較し差異がみられました。

ここでみられた差異は、血中アルコール濃度が0.05%のドライバーに典型的で、運転能力に低下があったと考えられます。

一方でCBD摂取後のSDLPはプラセボと比較して大きな差異が見られませんでした。

また、THC摂取後の被験者は運転能力に対する主観的な自身の低下も見られたことが述べられています。

CBDの効果で眠くなることもあるので要注意!

今回紹介した研究結果では、THCの摂取では運転能力の低下がみられたものの、CBDの摂取では大きな影響は観察されませんでした。

しかし、この研究では

・被験者が26人と小規模だった
・摂取量が13.75mgに限定されている

ことから、必ずしもCBD摂取後の運転が安全であるとは言い切れません。

中には、CBDの効果によって、摂取後にふわふわとした感覚を覚えたり、眠くなったりする方もいます。

現状CBDの摂取後の運転に取り締まりなどがあるわけではありませんが、CBDを摂った後は十分に時間をおいてから運転するなど、注意をするようにしましょう。

参考

いかがでしたか?

Bicleでは、
・高品質のブロードスペクトラム原料を使用(CBN、CBG配合)
・THCフリー(ISO取得の第三者機関にてLOD:0.0001%基準にてTHC検査を実施)
・独自のテルペン配合
・天然由来の成分のみを使用(着色料、合成香料、甘味料不使用)

など、品質にこだわって開発したCBD製品を絶賛発売中!

また、CBD製品のOEM・ODMや原料販売のご相談も承っております。
お気軽にお問い合わせください!

BicleCBD商品

Bicle(ビクル)では、

  • 医師
  • 管理栄養士
  • 薬学修士
  • スポーツ栄養学の修士
  • 機能性食品や健康美容商品の企画開発・研究者

などの専門性を有するメンバーによって商品の企画・開発、記事の執筆等を行っています。