BEAUTY MAGAZINE

CBD

CBDは逆流性食道炎にも効果的?

CBDは逆流性食道炎にも効果的?

「逆流性食道炎」は、もともとは高齢者がなりやすいと言われてきましたが、
食生活の変化やストレスなど様々な要因から、
最近では若者の患者が増加傾向にあるといわれています。

今回は、CBDが逆流性食道炎にもたらす効果についてお伝えします。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、胃酸が食道に逆流し、食道の粘膜を刺激することで、
食道炎を起こしてしまっている状態のことをいいます。

もともとは高齢者がなりやすいといわれていましたが、
近年では食生活の欧米化やストレスなどにより、
若者の間でも増加傾向にあるといわれています。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の症状としては、

・胸やけ
・胃もたれ、胃痛
・嚥下障害
・胸が痛い
・お腹の張り
・耳の違和感
・咳、気管支炎
・喉の違和感、声がかすれる
・げっぷ

などがあげられます。

特に食後の胸やけや、酸っぱいものがこみあげてくる、などの症状は、
逆流性食道炎の代表的な症状といわれています。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎が起こる主な原因は、食道と胃のつなぎ目にある
下部食道括約筋の機能の低下や、胃酸過多によって起こります。

ほかにも、

・過食、早食い
・高脂肪食
・アルコール、喫煙
・食べてすぐ寝る
・肥満
・ストレス

などの生活習慣がある方は、逆流性食道炎になりやすいといわれています。

CBDが逆流性食道炎に効くとされている理由

CBDとは大麻草に含まれる有効成分のひとつで、
癌やてんかんなどをはじめとする疾患や健康、美容などに
様々な効果を発揮するとして研究が進められています。

CBDは、「CB1」「CB2」などのカンナビノイド受容体を通して
人間の身体に本来備わっている身体調節機能である
「エンド・カンナビノイド・システム(ECS)」に作用することで
免疫や運動機能、感情など、心身の様々な機能を調節しています。

そして、研究ではCBDのもたらす作用が、
逆流性食道炎の症状の緩和にも効果的であるとされています。

抗炎症作用

CBDには抗炎症作用があり、逆流性食道炎における炎症にも
効果的であるとされています。

研究では、免疫システムをつかさどるCB2受容体を介して、
CBDが疾患状態における炎症と過剰運動を抑制することが示されています。

鎮痛作用

CBDには鎮痛効果もあるといわれており、
逆流性食道炎に伴う胃痛などの痛みにも効果が期待できます。

胃酸の分泌を抑える

ECSは胃酸に対し抗分泌作用をもたらすといわれています。
CBDによってECSの機能を正常に近づけることで、
胃酸が過剰に分泌されるのを防ぎ、炎症や粘膜の損傷を
緩和する効果が期待できます。

過食の抑制

CBDは、食欲を抑制することで過食を防いだり、
過食に伴う肥満を改善する効果があるといわれています。

肥満になると、腹圧により胃酸の逆流が起こしやすく、
肥満の方の逆流性食道炎の有病率は高いことが確認されています。

ストレス解消

ストレスは胃腸に影響を与えやすく、ストレスがきっかけで
逆流性食道炎になることもあります。

CBDはストレス解消・リラックス効果があるので、
日常の疲れやストレスを緩和させてくれるかもしれません。

その他のカンナビノイドの効果

最近の研究では、THC(テトラヒドロカンナビノール)が、
一過性の下部食道括約筋の弛緩を軽減できることがわかりました。

下部食道括約筋の弛緩は胃酸の逆流を引き起こし、
逆流性食道炎の原因となります。

THCには精神作用があり日本では違法とされているため
現在使用することはできませんが、THCにも疾患に対する様々な効果が
期待され、合法とされている海外の地域では現在も研究が進められています。

CBDは逆流性食道炎だけでなく、過敏性腸症候群の治療や、
腸の働きにも効果があるといわれています。

胃腸のお悩みを抱えている方は、CBDが症状の改善に役立つかもしれません。

参考:

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5665514/
Can Cannabis Treat Gastroesophageal Reflux Disease (GERD)?