CBD

CBDが腸の調子を整える!?

CBDが腸の調子を整える!?

腸は「第二の脳」と言われるほど、私たちの身体にとって大きな役割を担っているので、腸の調子が悪かったり、腸内環境が乱れたりすると、肌や身体の調子にも支障をきたすことも。
今回は、腸内環境とCBDの効果についてお伝えします。

腸の不調の原因は?

便秘、下痢、ガス溜まり、腹痛など・・・挙げるとキリがない腸のお悩み。
お腹の調子が悪いと、気分も下がりがちになってしまいますよね。

それもそのはず、幸福を感じるホルモン「セロトニン」の約90%は
腸でつくられているので、腸内環境が乱れていると、
イライラや不安感を感じやすくなってしまうのです。

また、腸はとてもデリケートなので、
生活の些細なことが腸の悪化に影響しているのです。

1.ストレス

ストレスは自律神経の乱れに繋がります。

自律神経には交感神経(活動を活発化させる)と
副交感神経(リラックスさせる)の2種類があり、
1日の中で、交互に優位(働きが優先されること)になり、
心身のバランスを保ってくれています。
人はストレスを感じると「交感神経」が優位になります。

腸の働きが活発になるのは「副交感神経」が優位になっているときなので、
ストレスが溜まって交感神経が優位になってしまうと、腸の動きが鈍くなり、
消化不良や便秘の原因になってしまいます。

さらにストレス状態がつづくと、自律神経の働きに異常をきたし、
急な下痢症状を起こしたり、下痢と便秘を繰り返したり、
胃酸の分泌が乱れるなど胃腸障害を起こしていきます。

2.睡眠不足

就寝中はもっとも副交感神経(リラックス)が優位な時間です。
睡眠不足は、体内時計を乱れさせることに加え、
自律神経の乱れにも繋がります。
そのため、同じように腸内環境の乱れの原因に。

3.食生活の乱れ

私たちの腸内には、細菌が1000種類、100兆個も生息している
といわれていて、
大きく分けると「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類に分類されます。

この3つの菌の理想のバランスは

善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7

です。7割もある日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の多い菌をサポートします。
理想バランスであれば、日和見菌が善玉菌を応援してくれますが、
食べ過ぎや肉食の生活を続けていると「悪玉菌」が優位になり、
あっという間に腸内環境の乱れの原因になってしまいます。

CBDとは?

CBDは、大麻草に含まれる有効成分のひとつ。
癌やうつ病、てんかんなどの疾患や、美容、健康など様々なことに効果をもたらすとして、世界で注目され臨床研究が進められています。

CBDの主な効能としては

・鎮静作用
・抗炎症作用
・抗菌作用
・睡眠の質の向上
・抗不安作用
・鎮痛作用

などがあげられ、近年では日本でもCBDオイルやべイプ、クリームなど様々な商品が発売されつつあります。

CBDが腸を整える理由

腸に影響する睡眠、ストレス、自律神経に効果あり

CBD(カンナビジオール)は、大麻草に含まれる薬理成分の一つで、

・自律神経などの身体調整作用

・ストレスの軽減

・抗不安・鎮静作用(リラックス作用)

・睡眠の質の向上

などの効果があると言われています。
※CBDには依存性がなく、その安全性はWHO(世界保健機構)で認められています。

腸内環境の乱れの原因となる睡眠不足やストレス、
自律神経の乱れなどを軽減してくれるため、
腸内環境の改善に役立つと考えられます。

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)を整える

人の身体には「ECS(エンドカンナビノイド・システム)」という
もともと備わっている身体調整機能があり、
カンナビノイド受容体は腸に多数存在することから、
ECSと腸は深い関連があると考えられています。

出典:日本カンナビノイド学会

ECSは、免疫調整、運動機能、認知と記憶などの機能をもち、
細胞同士のコミュニケーションの役割を担っていますが、
過度なストレスや食べ過ぎ、飲みすぎ、睡眠不足などの生活習慣が原因で
このECSの働きが弱まっている「カンナビノイド欠乏症」の現代人が多く、
過敏性腸症候群などの腸の慢性疾患もECSの不全が原因ともいわれているの
です。

CBDを摂ることでカンナビノイドの補充の働きをし、
ECSの正常化につながるため、過敏性腸症候群の改善にも
役立つのではないかと考えられています。

また、海外の研究では、ECSを整えることによりセリアック病の治療にも
効果があると考えられています。

炎症性腸症候群など腸の炎症の軽減も

さらに、海外の研究ではCBDのもつ抗炎症作用により、
腸の炎症を軽減させたという研究結果もでています。

そのことから、腸の粘膜が炎症を起こす病気であるクローン病や、
潰瘍性大腸炎などの炎症性腸症候群(IBD)の予防や軽減にも役立つと
考えられています。

おすすめのCBD商品

多くの疾患に効果があると注目されつつあるCBDですが、
ティンクチャ―やべイプペン、バームなど様々な種類があります。

ここからはおすすめのCBD商品をご紹介していきます。

ティンクチャ―

     CBDFx CBDティンクチャ― 

【おすすめの飲み方】

1.舌下投与

舌下に垂らし、60秒~90秒ほど吸収させてから飲み込む方法。
15~30分ほどで効果が現れ、4~6時間効果が継続します。

2.ドリンクに垂らす

コーヒーやスムージーに入れるのも◎
フレーバー付きのものを垂らすと香りもよく、美味しく頂けます。
摂ってから効き始めるまでは時間がかかりますが、
持続時間が長いので一日中効果を持たせたいときにおすすめです。

ベイプペン

       CBDFx ベイプペン

CBDを気化させて、肺から取り入れる方法。
フレーバーもあるので、仕事の合間などの気分転換にもおすすめです。


【監修】豊原悠里

管理栄養士/予防医学指導士
大手化粧品会社にてインナービューティーのカウンセリング、トレーナーを経て、精神科クリニックで管理栄養士・代替医療カウンセラーに従事。発達の問題やメンタルケアを中心に予防医学、栄養療法のコラムやセミナー、執筆サポートをてがける。