CBD

CBDとコーヒーは相性が良い?

CBDとコーヒーは相性が良い?

不眠症やうつ、癌など様々な疾患に効果があるとされ注目を集めているCBD(カンナビジオール)。
日本ではCBDを取り入れたコーヒーショップも増えてきていますが、CBDをコーヒーと一緒に摂取することでどんな効果が得られるのでしょうか?
今回はCBDとコーヒーの相性についてお伝えしていきます。

CBD(カンナビジオール)とは

CBDは大麻草に含まれる有効成分のひとつで、癌やてんかんをはじめとした疾患や健康に良いとして世界中で注目されている成分です。

大麻草由来といわれると危険なイメージを持つ方も多いですが、CBDにはいわゆる「ハイになる」ような精神作用や、大きな副作用、依存性等もないといわれています。

また大麻とは違い、日本でも合法的に使用することができる成分です。

CBDの効果は?

CBDの主な効能としては、

・鎮静効果
・鎮痛効果
・抗炎症作用
・抗菌作用
・抗不安作用
・睡眠の質の向上
・免疫の調整

などが挙げられ、

・うつ病
・癌
・認知症
・てんかん
・線維筋痛症
・ニキビ治療
・骨粗しょう症
・禁煙
・肥満
・不眠症

をはじめ、様々な疾患や不調等に効果があるとされており、研究が進められています。

CBDが効く理由!エンド・カンナビノイド・システム(ECS)とは

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)とは

出典:日本カンナビノイド学会

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)は、わたしたちの身体に本来備わっている身体調節機能のこと。

ECSは、「アナンダミド」「2-AG」などの内因性カンナビノイド、それらと結合する神経細胞上に多いCB1受容体、免疫細胞上に多いCB2受容体と呼ばれるカンナビノイド受容体などから構成され、全身に分布しています。

ECSは、免疫、痛み、感情、記憶、食欲、運動機能など身体のあらゆる機能を調整する重要な役割を担っており、「心身を正常に保つための身体調節機能」であるといえます。

ECSが弱まるとどうなる?

心身にとって大切な役割を果たしているECSですが、外部からのストレスや老化によってカンナビノイドが不足し、その働きが弱まってしまうことがわかっており、この状態を「カンナビノイド欠乏症」といいます。

この「カンナビノイド欠乏症」になると、心身のバランスが乱れ、うつや癌、アルツハイマーなどをはじめ、さまざまな疾患を引き起こす元となると考えられています。

また、こうした大きな疾患以外でも、寝つきが悪い、イライラしやすい、疲れやすいなどの日々の小さな不調も、このECSが乱れていることが原因となっている可能性があります。

CBDがECSの働きを調整する!

そんな「カンナビノイド欠乏症」を改善するのにおすすめなのがCBD(カンナビジオール)です。

CBDは、不足したカンナビノイドを補う働きをし、ECSの働きを正常に導いてくれるのです。
それによって、日々感じていた心身の不調の改善が期待できます。

コーヒーに含まれるカフェインの働き

コーヒーの最も特徴的な成分に、「カフェイン」があります。
カフェインはコーヒーのほかにも緑茶や紅茶などにも含まれる成分で、主な効果としては

・覚醒作用
・興奮作用

・疲労回復
・利尿作用
・血管拡張作用

があげられます。

人間の脳内には「アデノシン受容体」が存在し、そこに「アデノシン」がくっつくことで人間は疲労を感じます。
カフェインはこれらがくっつくのを阻害する働きがあるのです。
そのため、コーヒーを飲んだ後目が覚めたり、疲労を感じにくくなるなどの効果が得られます。

また他にもアルツハイマー病やパーキンソン病にも効果があるという研究結果も示されつつあります。

そんなカフェインですが、過剰摂取はカフェイン中毒に陥ってしまう場合も。
カフェインを摂らないと頭がいたい、だるい、集中できない…などの症状がある場合、依存に陥っている可能性があります。
多くても1日コーヒー5杯以下に抑えるなど、摂りすぎには要注意です。

CBDとコーヒーの相性は?

ここまでCBDやカフェインの効果についてお伝えしてきました。
それではCBDとコーヒーの相性はどうなのでしょうか?

頭をすっきりさせる

朝の目覚めの一杯にコーヒーを飲むという方も少なくないですよね。

コーヒーのカフェインには覚醒作用があるので、朝の眠気覚ましとして最適です。
そしてさらに、低用量のCBDにも覚醒作用があることが分かっています。

朝のコーヒーに数滴垂らして一緒に飲むことで、すっきりとした朝を迎える手助けをしてくれるかもしれませんね。

ただし、CBDには「二相性」といい摂取量により異なる効果を発揮することが分かっており、一般的に高用量のCBDの摂取では「リラックス作用」が得られるとされています。
まずは少量の5mg程度から、自分に合う量を探していくと良いでしょう。

リラックスタイムにも◎

コーヒーの香りを嗅ぐと、「α波」というリラックスした際に出る物質が脳から出ることが分かっています。

同じく高用量のCBDにもリラックス作用があります。

午後のリラックスタイムに、コーヒーとCBDを組み合わせると効果を感じやすいかもしれませんね。

コーヒーはECSを弱める!?【海外の研究】

実は、近年の海外では、コーヒーの摂取により「内因性カンナビノイド」が減少したという結果も報告されています。

この研究では、1日のコーヒーの摂取量が0杯、4杯、8杯の際の内因性カンナビノイドの量の変化について示されており、特に1日8杯のコーヒーを摂取する人は摂取しない人と比較し1~2割程度内因性カンナビノイド量が少ないという結果も出ています。

とはいえ大幅な減少が見られたのは1日8杯の摂取とコーヒーの摂取量としてはかなり多めです。

日常的にコーヒーをたくさん飲んでしまう!という方は、意識的にCBDを摂取してあげると、カンナビノイド欠乏症の予防として良いかもしれません。

コーヒーとCBDの組み合わせについて直接的な研究結果はありませんが、ライフスタイルに合わせ、習慣として日々のコーヒーと一緒に取り入れることで何か体調の変化を感じられるかもしれません。

CBDのよくある質問

Q. CBDはどのくらい摂れば良いですか?

A. CBDの必要摂取量は個人差が大きく、さらに摂取量によって得られる効果も異なります。
まずは1回10mg程度から少しずつ量を増やし、自分に合ったCBDの量を見つけるとよいでしょう。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

Q. CBDは安全ですか?副作用は?

A. CBDには、副作用や依存性がなく、安全に摂取可能であることがWHO(世界保健機関)で認められており、日本の使用も合法とされています。

ただし、過剰に摂取するとCBDの効果により眠気を引き起こしたり、腹痛を起こしたりする場合があります。

まずは少量から、体調に合わせて摂取するようにしましょう。

参考

Bicleでは、
・高品質のブロードスペクトラム原料を使用(CBN、CBG配合)
・THCフリー(ISO取得の第三者機関にてLOD:0.0001%基準にてTHC検査を実施)
・独自のテルペン配合
・天然由来の成分のみを使用(着色料、合成香料、甘味料不使用)

など、品質にこだわって開発したCBD製品を絶賛発売中!


また、OEM・ODMや原料販売のご相談も承っており、フレーバーや独自のテルペンブレンドも可能です。

こちらもチェックしてみてくださいね。

Bicle(ビクル)では、

  • 医師
  • 管理栄養士
  • 薬学修士
  • スポーツ栄養学の修士
  • 機能性食品や健康美容商品の企画開発・研究者

などの専門性を有するメンバーによって商品の企画・開発、記事の執筆等を行っています。